くらし情報『家事や育児でもめてギスギスしたら、結婚した意味がない【川崎貴子×高橋ゆき】』

2019年11月19日 20:45

家事や育児でもめてギスギスしたら、結婚した意味がない【川崎貴子×高橋ゆき】

私たちは「家事や育児の素人」だから…

ゆっきー:社会に追い風が吹いているとは言え、国はすぐに補助金を出すことはできません。そこで、精神的不安だけでも取り除くために、3年前に家事代行サービスの事業者認証制度が創設されました。

川崎:それは素晴らしいですね。家事支援サービスもベビーシッターも、初めて使うときはハードルが高いと思うんです。でも、事業者認証制度があれば、良い人材が集まりやすいですし、利用者側に安心感を与えることができますね。

ゆっきー:そうですね。「ベアーズ」に寄せられるお客さまのお手紙で、一番多いのは、「人生の最高のマッチングをありがとうございます」「○○さんと出会ったことで、うちの家族の心が豊かになりました」という内容なんです。まさに、“出会い”なんですね。ゆっきー語では、“出愛”と言っていますが(笑)。
川崎:“出愛”ですか。私も、長女のときにお願いしていたベビーシッターさんとは、いまだに交流がありますね。

私たちは、家事や育児の素人なんです。せっかく共働きでダブルインカムなのに、家事や育児の分担でもめて、夫婦の関係がギスギスしちゃうようなことになったら、結婚した意味がないじゃないですか。

そこで、家事や育児をプロに任せてみると、家族の雰囲気が良くなる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.