くらし情報『「手料理=愛情」は勘違い…家事を完璧にこなすことより大事なこと【川崎貴子×高橋ゆき】』

2019年11月26日 20:45

「手料理=愛情」は勘違い…家事を完璧にこなすことより大事なこと【川崎貴子×高橋ゆき】

目次

・大事な人のために使う時間を、「家事」に使うべきではない
・「家事は面倒くさい、しんどい」と言える社会に
・わが家のキレイさを保つサイクルを知っておこう
「手料理=愛情」は勘違い…家事を完璧にこなすことより大事なこと【川崎貴子×高橋ゆき】

婚活サイト「キャリ婚」を主宰する川崎貴子さんが「令和の共働き婚」をテーマに、それぞれの分野で活躍するプロと対談する連載。第3回のゲストは、家事研究家で家事代行サービス「ベアーズ」の取締役副社長でもある高橋ゆき(たかはし・ゆき)さんです。全3回。

大事な人のために使う時間を、「家事」に使うべきではない

川崎貴子さん(以下、川崎):西原理恵子さんのマンガに、子供が小さかったときの夢を見たというエピソードがありました。*子供が四六時中まとわりついてくるけど、自分は「料理をしなきゃ、洗濯物をしなきゃ」と家事に追われている。でも、今はもう大きくなって抱っこすることもできない。

料理なんて全然手作りする必要ないのに、家事をすべて自分でする必要ないのに、それが愛だと思い込んでいたっていうお話で。子供が大きくなってから、「もっと、抱っこしてあげれば良かったな」「あんなに家事をしなくて良かったのにな」と感じたそうです。
*「毎日かあさん」第654回「思い出の夢」より。

川崎貴子さん

高橋ゆきさん(以下、ゆっきー):本当にそうなのよ。人生で何が大事かって、それはやっぱり家族なんです。帰る場所があるから、頑張って外で働いてこれるでしょう?生きていけるわけでしょう?それなのに、家に帰ると、洗濯物を畳んで、お風呂を沸かしてて、夕ご飯を作りながら、子供に向かって「お母さんは忙しいから」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.