くらし情報『72年連れ添った90歳のレズビアンカップルがついに結婚! 「人生に遅すぎるということはない」』

2014年9月11日 18:00

72年連れ添った90歳のレズビアンカップルがついに結婚! 「人生に遅すぎるということはない」

72年連れ添った90歳のレズビアンカップルがついに結婚! 「人生に遅すぎるということはない」

The Quad-City Timesより引用

72年間一緒に過ごしてきたレズビアンのカップル、91歳のヴィヴィアンさんと90歳のアリスさんが結婚したと、米国の地元紙『Quad-City Times』が報じました。

人生に遅すぎるということはない
生まれ育った地元のアイオワ州エールで出会ったふたりは、1947年にダベンポートに移り住み、ヴィヴィアンさんが学校の教師、アリスさんは新聞社や貿易会社で経理の仕事をして暮らしていたそうです。

結婚式はダベンポートの教会で、家族や親しい友人などに囲まれて行われました。

ヴィヴィアンさんは「ふたりで一緒に人生を楽しんできましたし、私たちは長年にわたって、全米50州とカナダのすべての州を旅していますし、イギリスも2度訪れています」と語り、「私たちは楽しい時間を過ごしました」とアリスさんも話しています。

式に立ち会った牧師は「このお祝いごとはもっとずっと前にするべきでした」と話していますが、ふたりは、「人生において新しい章を始めるのに遅すぎるということはありません」と述べています。

アイオワ州では2009年から同性婚を認めており、全米でも同性婚容認の動きが広がっていますが、同州を含む19州と首都ワシントン以外ではいまだに禁止されています。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.