くらし情報『それでもアマゾンでポチってしまう私たち…映画『家族を想うとき』が突きつけるもの』

2019年11月29日 20:45

それでもアマゾンでポチってしまう私たち…映画『家族を想うとき』が突きつけるもの

ってやってるわけですよね。そのたびにドライバーが再配達しなければいけなくて……。

町山:私たちが時間指定をするたびにこの人たちの労働環境を悪くしているんだなって。でも、みんなも頼んでるじゃんってつい思ってしまう。

普通の人が普通の生活をするだけで「落ちていく」社会

武田:前にホリエモンこと堀江貴文さんが「なんで保育士の給料は低いと思う?」という質問に「誰でもできる仕事だからです」と答えて炎上しましたが、僕はものすごく腹が立ったんです。彼らは、「自分たちにしかできない保育士のモデルができれば稼げる」という言い方をするんですよね。

町山:ホリエモン流のね。

武田:この映画でもそうですが、その考え方が社会にイヤーな感じで染み渡っている。

町山:彼らはルールを変えればいいという考え方だから。ルールを変えない理由については考えないで、ルールを変えろと言い続けるのがネットの人気者の特徴ですよね。

武田:他人が「落ちていく」姿を見ることによって、自分の高さを肯定するやり方をしている人たちだし、それにはうなずきたくないですね。

町山:アビーが仕事で介護に行って、介護先の女性が「私も役に立つのかしら?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.