くらし情報『もし、乳がんで胸をとることになったら…【乳房再建のスペシャリストに聞く】』

2019年12月13日 20:45

もし、乳がんで胸をとることになったら…【乳房再建のスペシャリストに聞く】

乳房再建を希望する理由に何らかの傾向はありますか?

草野:再建に踏み切る理由は本当に個人差があるものなので、一概には言えないですね。ただ、ひとつ言えるのは「対男性」への配慮ではないということでしょうか。

——「なくなった胸を男性に見られるのが嫌」みたいなことではない?

草野:そうですね。それよりも、「ずっとそこにあったはずのものがない」喪失感や違和感が強い方ほど、再建を選ばれているように思います。生まれてから当たり前にあったものがある日突然、なくなってしまうのを受け入れるのは簡単ではないですよね。他人にはそうそう見られないにしても、お風呂や着替えの際に、自分の目にはほぼ毎日入ってくるわけですから。

一方で、将来誰かに介護してもらう時、自分の胸を見て気を遣わせてしまうのが申し訳ないと考えて再建に踏み切った方もいました。それから、母娘で乳がんになった方のお話ですが、お母さんは再建しないまま亡くなられたそうなんです。その時、お母様のご遺体をきれいにしてくれている納棺師の方が一瞬、胸を見て間があったようで……。その様子を見た娘さんは、「自分は再建しよう」と誓ったのだと言っていました。再建に至るまでのエピソードは本当に人それぞれで、語り尽くせないものがありますね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.