くらし情報『もし、乳がんで胸をとることになったら…【乳房再建のスペシャリストに聞く】』

2019年12月13日 20:45

もし、乳がんで胸をとることになったら…【乳房再建のスペシャリストに聞く】

日本では11人に1人が乳がんになる時代

――乳房再建に踏み切った患者さんたちの満足度はいかがでしょうか。

草野:明らかにQOL(クオリティ・オブ・ライフ)が上がっているなと感じる瞬間はあります。はじめは緊張していた患者さんが「先生にお願いしてよかったです」と笑顔を見せてくれるようになると、こちらもよかったなと思いますね。

とはいえ繰り返しになりますが、乳房再建はがん治療あっての話で、本来はやらなくてもいい治療です。何をおいてもがん治療優先であることに変わりありませんし、脂肪やシリコンを入れれば魔法のようにすぐにできるというわけじゃない。痛みも伴うし時間も費用もかかる。だから、よく考えてくださいと僕はお伝えしています。

アラサー世代の読者の方たちだと、「もし、自分が乳がんになったら……」と考えるのは難しいかもしれません。けれど、いま日本では11人に1人が乳がんになる時代です。40代になると特に増えますし、もしかすると、身内やお友達の中にひとりくらいは乳がんに罹患している方がいるのではないでしょうか。これまで関心のなかった人が乳房再建のことまで考えるのは難しいとは思いますが、まずは自分の身体についてもっと関心を持ってほしいですね。

(取材・文:小泉なつみ、撮影:青木勇太、編集:安次富陽子)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.