くらし情報『「整形したい」と思ったときに知っておいてほしいこと【美容外科医に聞く】』

2019年12月18日 20:45

「整形したい」と思ったときに知っておいてほしいこと【美容外科医に聞く】

目次

・美容整形に興味はあるけれど…
・僕は自分自身が「エビデンス」
・自分を好きになれるように少しだけ背中を押す
「整形したい」と思ったときに知っておいてほしいこと【美容外科医に聞く】

くさのたろうクリニック(東京都品川区)院長の草野太郎さんは、形成外科医として日本でトップクラスの乳房再建手術数を行いながら、豊胸手術をはじめとした美容外科も行う“二輪体制”の医師です。「形成外科の専門医が美容外科をやっていることは大きい」と語る草野先生に、美容外科との付き合い方について聞きました。

美容整形に興味はあるけれど…

——整形オーディションが開かれるなど、昨今、美容整形に対する後ろ暗い雰囲気が変わってきているように感じます。

草野太郎先生(以下、草野):僕が医者になった20年前に比べるとだいぶ変わってきますね。美容も大きく分けると美容皮膚科と美容外科があって、アンチエイジングとしてシミやシワ、たるみを取る美容皮膚科の方は、どちらかというと情報共有したい人が増えている印象です。「あそこでレーザーを当てたら良かった」とか「この前初めてほくろ取ったよ」とかね。イオン導入やピーリングなど、メスを入れない範囲で顔にお金をかけることをネガティブに捉えている人は少ないように思います。一方で、美容外科で二重や豊胸の手術をするとなると、まだまだ隠す文化だなと思いますね。

——美容整形に興味はあっても、どのように選べばいいか迷ってしまいますよね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.