くらし情報『「お母さんがやってたから」は卒業! “しない家事”を決めるススメ【篠田真貴子×川崎貴子】』

2019年12月25日 20:55

「お母さんがやってたから」は卒業! “しない家事”を決めるススメ【篠田真貴子×川崎貴子】

部分を大変だと感じているんだと思います。何をするか、何をしないかを自分で決めて、決めたことを人にお願いする。時には夫に頼んでもうまくいかなかったりする。

でも、そういうことをやっていくと、実は仕事のスキルがすごく上がるんですよ。

篠田真貴子さん

川崎:仕事で培ったスキルは家庭の中でも使えるし、家庭で培ったスキルも仕事に役立つ。

「私がやったほうが早いから」と言いがちだけど、中長期的に考えると、人にお願いするほうが人材は育つし、協力者も増えるし、逆に「そんなやり方もあるのか」という気付きもある。

家庭の中で自分がいいマネージャーになれるようにしていけるといいですね。

「お母さんがやっていたから」の考えは捨てよう

川崎:パートナーと家事分担について、気付いたほうがするシステムだと「私ばかり……」という不公平感が生じるという悩みを聞くのですが、2人にとっての「やりたくない家事」を共通認識にしておけばいいんですよね。

前回の繰り返しになりますが、やりたくない家事は、せっかく共働きなんですから、家電に解決してもらったり、アウトソーシングすればいい。会社でも自分で仕事を増やしている人が大勢います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.