くらし情報『「お母さんがやってたから」は卒業! “しない家事”を決めるススメ【篠田真貴子×川崎貴子】』

2019年12月25日 20:55

「お母さんがやってたから」は卒業! “しない家事”を決めるススメ【篠田真貴子×川崎貴子】

家事の分担で不公平だと感じるのは、分担そのものが問題なのではなく、自分が大切にされていない感じがするという不満の表れなんだと思います。

川崎:夫婦にとって一番居心地のいい場所にしなければいけないのが家庭。この居心地のよさというのは、「家の中が整理整頓されていておいしい料理が出てくる」という意味ではなく、「ここは汚くてもいい」とか「今日の食事はウーバーイーツで頼めばいいよね」みたいな、夫婦で「家事をしない」許容のラインが一緒ということかもしれませんね。

「これはOK」「これはダメ」というラインがお互い違うから、それぞれ主張し合うのではなく中庸を取って、「私たちルールとしては、これでいいよね」というラインをすり合わせていくことが大事だと思います。

※第3回は12月27日(金)公開です。

(構成:新田理恵)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.