くらし情報『IT企業がなぜ骨壷を? お墓参りに行けないことに罪悪感を感じないで』

2019年12月23日 10:00

IT企業がなぜ骨壷を? お墓参りに行けないことに罪悪感を感じないで

僕らの親の世代はちょうど団塊の世代あたりの方が中心だと思うのですが、情報はネットよりも新聞や紙媒体が中心ですよね。僕らはちょうど、ネットに上手に移行した世代じゃないですか。だから、ちょうどZAYUもネットで見た僕ら世代の方が終活中の親に教えてあげるというパターンもあるのではないかなと思ったんです。

クーラーの効いた部屋で弔うのはバチあたりではない

——前回、「遠くのお墓になかなか行けなくて罪悪感を感じている人に利用してほしい」というお話もありました。ターゲット層の罪悪感を軽減したいという気持ちもあるのでしょうか?

豊沢:それはありますね。お墓というと、宗教色もあるし、いまだ「イエ」の意識に支配されがちなもの、まだまだアンタッチャブルな分野だと思うんです。つまりどこか思考停止してしまって、自分のものさしで考えられにくいところがある。でも、この猛暑の中、遠くのお墓に交通費をかけて行くかっていったら、多分難しいと思うんですよ。それでもやっぱり、どこかで引っ掛かっているものを皆さん持っていると思っていて。クーラーの効いた部屋で大事な人を弔うのはバチあたりではない。ぜひ堂々と利用してもらいたいなと思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.