くらし情報『勤務時間外に業務メール…「デジハラ」を受けたビジネスパーソンは3割強』

2019年12月31日 22:15

勤務時間外に業務メール…「デジハラ」を受けたビジネスパーソンは3割強

目次

・スマホ・パソコンの利用時間は?
・過半数がSNSを利用している
・「デジタル依存」だと思う?
・「デジハラ」を受けたことはある?
勤務時間外に業務メール…「デジハラ」を受けたビジネスパーソンは3割強

現代生活では手放すことが難しいスマートフォンやパソコン。

このたび、養命酒製造は、ビジネスパーソンの「デジ依存」と「デジ冷え」というテーマで、インターネット調査を2019年12月17日~12月18日の2日間で行い、全国の20歳~59歳のビジネスパーソン1000人の有効回答を回収しました。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)

調査の結果、約3割の人が、スマートフォンやパソコン、SNSなどを利用していて受けるハラスメント(デジタルハラスメント)を受けたことがあると回答したことがわかりました。スマホの利用時間とデジハラの実態についてピックアップしてご紹介します。

スマホ・パソコンの利用時間は?

はじめに、全回答者に、スマートフォンの1日の利用時間につて聞きました。「2時間」(22.2%)や、「1時間未満」(19.6%)に回答が集まり、平均は2.1時間となりました。

年代別の平均利用時間を見ると、20代(3.0時間)が最も長く、30代(2.5時間)、40代(1.8時間)と、年代が上がるにつれ短くなりました。

次に、パソコンの1日の利用時間を聞いたところ、「利用していない」(19.1%)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.