くらし情報『彼女が『アラサーちゃん』で中絶とフェミニズムを描いた理由』

2020年1月14日 21:45

彼女が『アラサーちゃん』で中絶とフェミニズムを描いた理由

そこは外せないと思いました。私、昔から周りの人に「妊娠した」って相談されることがめちゃくちゃ多かったんですよ。『アラサーちゃん』の中でネタとしても描いたんですけど、「たぶん峰さんなら1、2回堕胎してるだろう」みたいな感じで相談されて(苦笑)。

話を聞いていると、中絶後にまた彼氏とセックスしたとか、しかも中絶後のセックスでまた避妊してないとか、そういう話も多くて!世の中に出てくる妊娠・中絶の話って、あまりそこまで描かないじゃないですか。「結局、妊娠してませんでしたー☆ ちゃんちゃん♪」で終わるのではなくて、妊娠・中絶は女の人にとってリスクだし、ダメな男とは簡単には切れない。そういうことを描きたいと思ったんですよね。

結婚も離婚も気軽に考えてもいいと思えた

——“専業ちゃん”が妊娠中にもかかわらず離婚したのには驚きました。専業主婦は経済的な面からなかなか離婚できないと聞きますが、“専業ちゃん”に離婚を決断させたのはなぜですか?

峰:最初は離婚させるところまでは考えてなかったのですが、連載を続ける中で、私の周囲に離婚する人がけっこういたんですよ。担当編集さんも連載中の10年間に結婚して離婚して。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.