くらし情報『彼女が『アラサーちゃん』で中絶とフェミニズムを描いた理由』

2020年1月14日 21:45

彼女が『アラサーちゃん』で中絶とフェミニズムを描いた理由

中には再婚する人もいましたね。それで、「(離婚を)軽く選んでもいいかも」みたいな気持ちになったのかもしれません。

——結婚も離婚も、重く考えすぎて枷にするより、気軽に考えたほうがいいかもしれないですね。

峰:そうなんです。結婚も「絶対に失敗できない」とか「絶対にこの人と幸せになって、死ぬまで一緒に過ごさなきゃいけない」と思っているとなかなかしづらいですけど、「まあ、ダメだったら離婚すればいいよね」って感じだったら、気軽に結婚したりしなかったりを選べるじゃないですか。

結婚したいのにできない人って結婚後のイメージがワンパターンしかないような気がします。だからまず、うまくいかなかったら離婚してもいいやってハードルを下げる。そうすると結婚のハードルも下がるのではないでしょうか。

——“アラサーちゃん”のお母さんも離婚を考えている節がちょっとありますよね。女性好きなお父さんのせいで。描かれがちな母と娘の確執や、アルハラ・モラハラ・DVの毒親ではなく、お父さんの(家庭を壊すつもりのない)不倫をクローズアップしたのは、何か理由があるんですか?
峰:そもそも私、親が出てこない話があまり好きじゃなくて。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.