くらし情報『彼女が『アラサーちゃん』で中絶とフェミニズムを描いた理由』

2020年1月14日 21:45

彼女が『アラサーちゃん』で中絶とフェミニズムを描いた理由

(ハーレム系作品の)主人公の両親が海外出張中みたいな設定が嫌いなんです。だから、もともと“アラサーちゃん”のお父さんのキャラクター設定は初期段階からあって、最終話までに出せてよかったなと思っています。

——見事なまでの女好きっぷりでしたね。「気色悪っ」て思ってしまいました。

峰:私はそんなにクズだとは思ってないんですよ。女好きという筋が通っているから。私がクズだと思うのは、自分の欲望すらちゃんと自分で理解できていない人。

たとえば、経験が豊富なことが(男として)優位であると考える人は、周りにも「もっと女とヤリなよ。経験値が上がらないよ」なんて言いますが、本当にセックスがしたい人は競合相手をむやみに増やさないはずなんですよ。

——確かに。経験人数を競いたい人って、ポケモンでも集めているのかなって思うことがあります。レアなポケモンをゲットしたとか、数が多いとか、そういうことを半径数メートルの社会の中で誇るためにナンパしたりモテに勤しんだりして、本当はセックスが好きじゃないのかも。

峰:そうなんですよね。

フェミニズムは描かざるを得ない

——最終巻で驚いたのは、“ヤリマンちゃん”がフェミニストになったことでした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.