くらし情報『彼女が『アラフォーちゃん』を描かない理由「どの世代にも通じる話だな…って」』

2020年1月15日 21:15

彼女が『アラフォーちゃん』を描かない理由「どの世代にも通じる話だな…って」

目次

・私に必要なのは最低限の水と食料と“モテ”
・欲望を持って表明すること
・『アラフォーちゃん』を読みたいと思えなかった
彼女が『アラフォーちゃん』を描かない理由「どの世代にも通じる話だな…って」

「週刊SPA!」にて2011年に連載がスタートした漫画『アラサーちゃん』。主人公の“アラサーちゃん”はじめ、“ゆるふわちゃん”“ヤリマンちゃん”“オラオラくん”“文系くん”など個性的なキャラクターに自分や自分の周りの人を投影し、思わず引き込まれていったという人も多いのではないでしょうか。

2019年11月、約8年の連載期間を経て、ついに最終巻が刊行。自身もアラサー期間を漫画とともにかけぬけ、現在35歳になった、著者の峰なゆかさんにお話をうかがいました。

私に必要なのは最低限の水と食料と“モテ”

——『アラサーちゃん』の連載が始まったころ、峰さんは25歳で、書き終わった今は35歳。同じ「アラサー」というくくりの中でも、だいぶ違いますよね。

峰なゆかさん(以下、峰):全然違いますよね。

——私は25歳のときには30歳になるのが怖くて、でも30歳を超えたら意外と楽しくて、「いいじゃん、人生」という感じですが、峰さんはいかがでしょうか。

峰:自分がいざ恐れていた年齢になってみると、「いったい私は何を心配していたのか……?」みたいな感じですが、自分が今、35歳の女性として「35歳、別に楽しくやってるよ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.