くらし情報『「CCは入れない」「無理に会おうとしない」…フィンランドから学ぶ働き方のヒント』

2020年1月20日 20:45

「CCは入れない」「無理に会おうとしない」…フィンランドから学ぶ働き方のヒント

目次

・日本人と似ている?フィンランドの国民性
・CCはなるべく使わない
・2週間の休みを取ってみる
・必ずしも「会うこと」を重視しない
「CCは入れない」「無理に会おうとしない」…フィンランドから学ぶ働き方のヒント

「世界幸福度報告」の幸福度ランキングで2018、19年と2年連続で1位を獲得したフィンランド。“世界一幸せな国”の秘密を仕事や日常という視点から探った『フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか』(ポプラ社)が1月10日に発売されました。

フィンランドと言えば、昨年12月に34歳の世界最年少の女性首相が誕生したことも話題に。フィンランドに学ぶ女性活躍について聞いた前編に引き続き、後編ではフィンランドに学ぶ働き方について、著者の堀内都喜子(ほりうち・ときこ)さんに伺いました。

日本人と似ている?フィンランドの国民性

——本を読んで、すぐに制度など大きな部分を変えるのは時間もかかるし個人の力では難しいかもしれないけれど、日常や職場での小さなこと、例えば「やたらにメールにCCを入れない」などはすぐに取り入れられていいなあと思いました。

堀内都喜子さん(以下、堀内)ありがとうございます。この本を執筆する際に、国の制度とかスケールが大きくなってしまうと「国が違うし」「人口も違うし」「環境も違うし」とか思っちゃうけれど、実はちょっとした考え方ややり方で「私もできるかも」という発見があるといいですね、と担当さんと話していたんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.