くらし情報『じぶんで決めたルールを繰り返す コミュニケーションツールとしての“個性”をつくる方法』

2020年1月22日 20:45

じぶんで決めたルールを繰り返す コミュニケーションツールとしての“個性”をつくる方法

目次

・オンリーワンとナンバーワンの違いってなに?
・個性はつくれる?
・オレンジの個性を得て自信が持てるようになった学生の話
じぶんで決めたルールを繰り返す コミュニケーションツールとしての“個性”をつくる方法

『うまくやる~コミュニケーションが変わる25のレッスン~』(あさ出版)を書いたクリエイティブディレクターの熊野森人さんが、「コミュニケーションをうまくやる」方法を5回にわたり紹介します。(毎週水曜更新)

一般的に、他の人やモノとは違った、特有の性質、性格などが「個性」と言われています。これには持って生まれた個性もありますが、物心ついた後でも、じぶんで意図的に個性をつくり上げることができるとしたらどうでしょう。そしてその「個性」がコミュニケーションのツールとして役立つとしたら……。

今回は、じぶんの個性を自らつくり出し、コミュニケーションに役立ててしまいましょうというお話です。

オンリーワンとナンバーワンの違いってなに?

今回のテーマは個性についてですが、その前に、みなさんは、ナンバーワンとオンリーワンの違いっておわかりになりますか?

ザックリ言うと、ナンバーワンは一番で、オンリーワンはそれしかないもの、となります。もう少し詳しく言うなら、ナンバーワンはいろんなものを押し並べていちばんを判断するもの。対してオンリーワンは、他と比べて評価するものではなく、受け手側がそのもの自体を特別なものとして認識することだと言えるでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.