くらし情報『6割が原因・手口を把握せず…クレカの不正利用被害にあった人に聞いてみた』

2020年1月27日 09:45

6割が原因・手口を把握せず…クレカの不正利用被害にあった人に聞いてみた

目次

・不正利用の原因・手口を知っている?
・原因はどのように知った?
・もっとも多かった詐欺の手口は?
・いつ被害が発覚した?
・被害は補償された?
・覚えておきたい5つの対策
6割が原因・手口を把握せず…クレカの不正利用被害にあった人に聞いてみた

キャッシュレス化が急速に進む昨今、クレジットカードの利用が身近になったと感じている人も多いのではないでしょうか。クレジットカードを安全に利用することは意識したいもの。

三井住友カード株式会社は、クレジットカードの不正利用被害にあわれた500人に対しアンケート調査を行い、その結果が自社メディア「ヒトトキ」に公開しました。内容の一部をお届けします。

不正利用の原因・手口を知っている?

三井住友カード株式会社

まず「不正利用された原因・手口を把握していますか?」と聞いたところ、「把握していない」が57.2%、「把握している」が42.8%となりました。クレジットカードの不正利用が増えているなか、被害にあった人の過半数以上がその原因や手口を認識していないという結果に。

原因はどのように知った?

三井住友カード株式会社

前出の質問で「把握している」と回答した214人に、「不正利用された原因はどのように知りましたか?」と聞くと、「カード会社から聞いた」が54.2%、「自分で気づいた」が39.3%、「警察の人から聞いた」が5.1%とという結果になりました。

もっとも多かった詐欺の手口は?

三井住友カード株式会社

「不正利用された方法」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.