くらし情報『運を味方につけたい。働き女子がこっそりしている開運アクション』

2020年1月27日 14:45

運を味方につけたい。働き女子がこっそりしている開運アクション

目次

・なんでも大安吉日を選ぶ
・人に優しくして徳を積む
・新年は必ず新しい下着で迎える
・ドライフラワーは買わない
・新春に財布を買い換える
・ラッキーカラーをネイルに取り入れる
・小さな自信に
運を味方につけたい。働き女子がこっそりしている開運アクション

新年、占い特集などを見て、開運を意識している人も多いのでは?自分なりのジンクスで気分を引き上げたり、げん担ぎしたり、開運のためにさりげなく意識していることを、働き女子6人に聞いてみました。

なんでも大安吉日を選ぶ

(32歳会社経営)

結婚、登記など、自分で日程を決められるイベントは、なんでも大安吉日を選びます。あとは、30代女性は厄年の期間が長いので、毎年厄払いに行ってますね。ちょっと嫌なことが起こっても「ちゃんと厄払いしたから大丈夫!」と、心の支えになります。

人に優しくして徳を積む

(33歳編集者)

辛酸なめ子さんが提唱していた「善行マイレージ」を貯めています。人に優しくすると、その分ポイントがたまって良いことが起こるのでは?という考え方です。

今週も、バスの中でお年寄りに席を譲ったり、同僚が体調不良のときは業務を巻き取ったり、順調です。ゲーム感覚で他人に優しくできるので、結構いいですよ。

人に対して攻撃的だったり、社内不倫をしたりしている人になんらかのよくないことが怒ると「ほらね……!バチが当たったんだよ!」という気持ちで見てしまいますね。

新年は必ず新しい下着で迎える

(34歳編集者)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.