くらし情報『「私は障がい者である前に、女なの」友人の言葉に思ったこと』

2020年1月30日 21:45

「私は障がい者である前に、女なの」友人の言葉に思ったこと

——恋バナとかは事細かにするんですけどね。どこそこの誰とチューしたとか。

小谷:そういう話ってけっこう自己顕示欲というか、「自分がこんなにも好かれている、大切にされている」という主張だったりもするじゃないですか。でも、マスターベーションしてます、と言うと、「え……ひとりで?」みたいな反応が返ってくるだけで、承認欲求は満たされない。だからしないのかなと。

——「彼氏がいない=セックスできないからオナニーしている」みたいな偏見もありますし、そう思われるのが嫌で言えないというのもあるかもしれません。

小谷:そうですね、それで口を閉ざす人は少なくないと思います。

ちまたにあふれる性に対する誤解

——こういう偏見というか思い込み……直に経験したことありますか?

小谷:あります、あります。20代のころ、バーで飲んでたんですよ。そしたら中年のおっさんが「よう、姉ちゃん」みたいな感じでナンパしてきて、ラブホテルみたいなところに誘ってきたんですけど、「今日はマスターベーションする日と決めているので、申し訳ない!」と言って帰ろうとしたんです。そしたら「そんな寂しいことすんなよ、だったら俺としろよ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.