くらし情報『「私は障がい者である前に、女なの」友人の言葉に思ったこと』

2020年1月30日 21:45

「私は障がい者である前に、女なの」友人の言葉に思ったこと

ちょこちょこっと触るくらいだから、「オナニーしてますか?」のアンケートで〇をつけないとか。

小谷:そうですね、そういうケースもあると思います。

自分の性欲を認める

——作品内で描き切れなかったことなどあれば教えてください。

小谷:私の友人で、難病で寝たきりの方がいて——最近亡くなってしまったのですが——その方が自分の性欲について知ってほしいと言っていて。「私は障害者だけど、もちろん性欲はある。でも、寝たきりで寝返りさえも難しい状態なので、ネットのチャットで男の人を興奮させて、その人を満たしてあげられたら、自分も性的に満たされる」というようなことを言ってくれたんですよね。自分の体に触れずとも性的に満たされる。これがセックスなのかマスターベーションなのか私にはわからないのですが、そういうことをしていると。

——打ち明けられたとき、小谷さんはどう感じましたか?
小谷:やっぱりみんな人間なんだな、というか。人間としての性的な喜びというのは共通してみんなが持っているし、それぞれのやり方がある。その人はネットを通して人を満足させることによって、自分を満たすやり方を自分で作ったんですよね。

——自分の性欲を認めることで主体的に動けるようになって、自分を満たすやり方を見つけられたのでしょうね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.