くらし情報『「リアルな女性像は求めてない」と却下されても…彼女が男性誌で描く理由』

2020年1月31日 21:45

「リアルな女性像は求めてない」と却下されても…彼女が男性誌で描く理由

実は、ほかの出版社にも企画を持ち込んだのですが、そのときは「これはちょっと刺激が強い」とか「男性は生理の話とかは別に知りたくない」と断られてしまって。生々しいのは男性読者が引いちゃう、抵抗感があると。

——たしかに、ヒロインがPMSでイライラするのとかは見たくないのかもしれませんね。ピル飲んでるとか。

小谷:某社に持ち込みに行ったとき、「こういうリアルな女性像とか求めてないんだよね」って言われて、その出版社のビルの近くの滝みたいなのを眺めながら「飛び降りるかー」とか思った記憶があります。でも、その緑色の水のなかにスッポンみたいなのがいたので、「あいつに食いつかれるんだ、それは間抜けだ」と思って、思いとどまったんですけど(笑)。

主食とオカズは別物です

——担当の編集さんが男性でやりにくいなって思ったりしませんでしたか?
小谷:私がセクハラって言われるんじゃないかなぁってというところをビクビクしながら、「担当さんもアレやってんの?」「私の乳首の話なんだけどさあ」なんて質問したりしてました。でも、目を見てくれないというか……(笑)。

——なるほど、仕事の話なのでしなくちゃいけないけど、セクハラとの境界線が難しい……。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.