くらし情報『とりあえずカフェに入ろう! 旅のプロがこっそり教える「寒くない」冬のウィーン旅』

2020年1月31日 20:45

とりあえずカフェに入ろう! 旅のプロがこっそり教える「寒くない」冬のウィーン旅

目次

・ウィーン名物・ザッハトルテを食べよう
・寒くなったらカフェに入ろう
・ランチもおやつも全部ケーキでいいじゃない
・ウィーンのお金の支払い方は…
・そこに暮らすように旅を楽しむ
とりあえずカフェに入ろう! 旅のプロがこっそり教える「寒くない」冬のウィーン旅

海外のホールでクラシック音楽の録音や取材を行う音楽プロデューサーとして活躍中の渋谷ゆう子さん。

仕事柄、海外出張も多く、時にはアーティストの都合で海外出張が前の日に決まることもあるそう。出張先は主にクラシック音楽の本場・ヨーロッパとエンターテインメントの中心・北米。多いときは1カ月に1回、オーケストラや演奏家、レーベルとの打ち合わせに赴きます。

そこで、音楽だけではなく旅や文化にも造詣が深い渋谷さんに冬のウィーンの楽しみ方について教えていただきました。

【第1回】YOUは何しにウィーンへ? 実は冬のヨーロッパが穴場の理由
【第2回】日本の3分の1の値段で買える! 冬のウィーンで手に入れたい意外なアイテムとは?

ウィーン市内の美しいパッサージュ。老舗カフェも多く、天候に左右されず散歩を楽しめる

ウィーン名物・ザッハトルテを食べよう

ウィーン旅の重要ポイントとして、カフェ文化も外せない。ショッピングや音楽鑑賞と一緒にぜひこれらのスポットにも立ち寄ってほしい。

ウィーンのカフェ文化は2011年にユネスコ文化遺産に認定された。それは歴史と文化に深く浸透しており、市内にはおよそ2700店舗が軒を連ねている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.