くらし情報『とりあえずカフェに入ろう! 旅のプロがこっそり教える「寒くない」冬のウィーン旅』

2020年1月31日 20:45

とりあえずカフェに入ろう! 旅のプロがこっそり教える「寒くない」冬のウィーン旅

ケーキの種類も豊富

ウィーンのお金の支払い方は…

ウィーンでは会計をテーブルで行うことが一般的。この時も、サーブしてくれた店員を呼ぶことが必要だ。日本ではあまりなじみのない制度だが、ヨーロッパ各国のお店ではテーブルのエリア担当が決まっていることがほとんどで、自分の持ち場のテーブルでなければ会計をしない。担当が決まっているので、そのサービスに対してチップを支払う。

カフェでは1ユーロ以下を繰り上げて(またはそれに1ユーロ程度足して)キリのよい数字で支払う程度で構わない。ホテルラウンジなどで特にサービスが良かったと思えば、もう少し足してもよい。クレジットカードでもチップ込みの支払いで大丈夫。

ウィーン市内は基本的にどこでも英語が通じるので簡単な英語のやり取りができれば問題なく過ごせる。ただ、ショッピングの際の挨拶や食事の注文などで少しドイツ語ができるとさらにお店の人の対応が良くなるので、簡単な挨拶など覚えておくと良い。

それから、日本人が気をつけたいのは、店員さんを呼ぶ際に「すみませ〜ん」と大きな声を出さないこと、手をあげて合図をしないこと。日本人はついつい、「はーい」と手をあげてしまうが、ドイツ圏では特に嫌がられるハンドサインなので、もし動作で何か合図をしたいなら人さし指をたてた手に軽く動きを入れて合図を送る。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.