くらし情報『話すのがしんどい…相手の言葉を悪く受け止める人の対処法【DJあおい】』

2020年2月14日 21:00

話すのがしんどい…相手の言葉を悪く受け止める人の対処法【DJあおい】

目次

・親和欲求よりも承認欲求が優先されてしまう
・悪意の解釈をする人の対処法
話すのがしんどい…相手の言葉を悪く受け止める人の対処法【DJあおい】


【今週のボヤき】

同僚に、コミュニケーションをすべて“悪意”で解釈する人がいてつらいです。

例えば「この仕事は私がやるからいいよ」と言うと「私から仕事を奪うんですか?」と機嫌が悪くなり、「すごいね!」と褒めると「上から目線ですね。私のことバカにしているんですか?」と返してくるので彼女に話しかけるのが怖くなってしまいました。

私は、仕事の人間関係は国語の読解問題を解くように変に勘ぐったりせずに素直に相手の言葉を受け取っていればトラブルになることはないと思っているのですが、彼女の場合は行間を読むどころか、相手の言葉を無視して新しい話を作っているようにも見えます。

悪意で解釈する人への対処法はあるのでしょうか?

親和欲求よりも承認欲求が優先されてしまう

コミュニケーションは基本的に親和欲求を満たそうとする心理が働きます。

相手の言葉を尊重したり、肯定的に受け入れたり、多少の毒は笑い話として流したり、ネガティブな発言は聞かなかったことにしてあげたり……。

そこに悪意はないものとしてインプットしようとする心理が働くものなんです。

だから親和性のあるコミュニケーションをしてくれる人には、ついつい本音が漏れてしまったりするわけですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.