くらし情報『欠勤連絡はLINEで。もしかして私、社会人失格?』

2020年2月17日 14:45

欠勤連絡はLINEで。もしかして私、社会人失格?

目次

・社内のやりとりを丁寧にするのをやめた
・下座・上座を遵守するのをやめた
・相手や取引先によってビジネスマナー使い分け
・欠勤連絡はLINEで
・頑なではなく、柔軟に
欠勤連絡はLINEで。もしかして私、社会人失格?

新人時代に叩き込まれたビジネスマナーも、価値観や時代の変化によってはマッチしなくなってくることも。社会人経験がそれなりに長くなってきたアラサー世代は、どう適応しているのでしょうか?「上司や先輩に教わったことをスルーしていいのかな?」と迷いながらも、自分なりの判断でアップデートしたビジネスマナーについて、聞いてみました。

社内のやりとりを丁寧にするのをやめた

(33歳プランナー)

社内のコミュニケーションツールがメールからチャットに移行したタイミングで「お疲れ様です。◯◯です」等、過剰に丁寧なやりとりをすべてやめました。角が立たないよう「文言作成も時間のコストがかかるので、それよりも早く仕事ができるほうがいいと思います」とし、周囲に共有しています。

その他も「メールのCCは、社内の人間も役職順に並べる」「メールやFAX後には送信した旨を電話で連絡」などなど、非効率な文化はできるだけやめました。

多くの人が関わる仕事だけに、できるだけ早くパスを回すほうが周囲にとっても助かること。「丁寧にやらなきゃ」と構えてしまうことにより、仕事を寝かせるのが一番まずい。できるだけ、簡略・効率化できるように意識しています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.