くらし情報『“18歳のおっさん”を再生産しないために必要なこと【上野千鶴子×田房永子】』

2020年2月18日 21:00

“18歳のおっさん”を再生産しないために必要なこと【上野千鶴子×田房永子】

アカデミックな事柄だと思っていました。

*2019年4月12日に行われた東京大学入学式での上野千鶴子名誉教授が述べた祝辞

上野千鶴子さん(以下、上野):それを聞くと、「伝わらなくてごめんなさい」という気持ちになりますね。私があのスピーチで気を付けたことは、予備知識が何もない18歳の子どもに伝わる日本語で話そうと思ったこと。今回の本も、フェミニズムについて、田房さんに通訳してもらったという感じです。

田房:やっぱり、祝辞がセンセーショナルだったじゃないですか。テレビのワイドショーでも、パネルにフェミニズムやフェミニストという言葉が印字されていることにビックリして。地上波に映るということに衝撃を受けました。

ただ、世の中にフェミニズムという言葉は流通しましたが、「フェミニズムって何だろう?」という疑問にメディアは答えてくれなかった。そこで、この本を作りました。

上野:そうそう。この本だって、タイトルがすごくベタじゃない?10年前や20年前に、「フェミニズム」がタイトルに入った本を出版しようとしたら、編集者から「売れないからやめてくれ」と言われたものです(笑)。この本なら、小学校や中学校の図書館に置いても読んでもらえると思う。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.