くらし情報『口呼吸を抑えて鼻呼吸を実践! エクササイズとケア6つ【耳鼻咽喉科専門医が教える】』

2020年2月17日 20:45

口呼吸を抑えて鼻呼吸を実践! エクササイズとケア6つ【耳鼻咽喉科専門医が教える】

目次

・口を閉じ、口の中の乾燥を防ぐこと
・口元や片鼻エクササイズを実践。マスクやテープの活用も
口呼吸を抑えて鼻呼吸を実践! エクササイズとケア6つ【耳鼻咽喉科専門医が教える】

「口呼吸はNG!鼻呼吸をするコツ」として、前後編の2回でお届けしています。前編の、「口呼吸は風邪やインフルエンザの引き金に…鼻呼吸で予防するコツ【専門医が教える】」では、鼻には、体内に侵入しようとするホコリ、ゴミ、ウイルスや細菌を止めようとする働きがあること、また、口呼吸は風邪やインフルエンザ、肺炎などの感染症をまねくことを伝えました。

今回の後編では、口呼吸から鼻呼吸にするためのエクササイズについて、ひき続き、耳鼻咽喉科専門医でとおやま耳鼻咽喉科(大阪市都島区)の遠山祐司院長に教えてもらいました。

口を閉じ、口の中の乾燥を防ぐこと

前編では、口で呼吸することには健康上、数々のデメリットがあるということで、鼻呼吸のほうがよいことを理解しました。実際に鼻呼吸を実践するにはどうすればいいのでしょうか。

遠山医師はセルフケアのポイントとして、「口を閉じること。口の中の乾燥を防ぐこと」の2つを挙げ、こうアドバイスを続けます。

「無意識に口呼吸になっていることが多いと思いますが、少しでも口やのどが渇いている、口の中がネバネバするなと思えば、口呼吸になっています。日ごろから、デスクワーク中やスマホの操作中、ウォーキング中、料理をしているとき、入浴中など、口を閉じるように意識してください。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.