くらし情報『誕生日に仕事、それってかわいそう?【はらだ有彩・大木亜希子】』

2020年2月17日 21:01

誕生日に仕事、それってかわいそう?【はらだ有彩・大木亜希子】

でもだからこそ物書きになれたといまは思うんですよ。「はーい、一回持ち帰りまーす。後日原稿のネタにさせていただきまーす!」って(笑)。

「何かを成し遂げなければ」は一旦おいておく

大木:いろんな方法といろんな武器で、みんなそれぞれの戦い方、抵抗の仕方があっていいですよね。私のように「持ち帰ります」って抱えている女の子たちもごまんといると思いますし。

はらだ:そうですね。「必ず戦って、何かを成し遂げないといけない」と思いつめててしまうと苦しいですよね。そういう風に追い詰められている自分や誰かをみると私は、「所詮、人間ごときが……」って思ってしまうんですよね。

大木:神話に登場する神様目線!?原田有彩宮尊(はらだありさのみやのみこと)降臨??

はらだ:名前がついちゃった(笑)。言葉は悪いんですけれど、なんていうか……一周回って「所詮人間ごときが何をたいそうなことを成し遂げられるつもりでおんねん」みたいな気持ちをどこかに持っておきたいなって思うんです。

大木:どういうことですか?

はらだ:それは抵抗することがムダという訳ではなくて、自分の行動をムダにしないために「何かいい感じの状況に変えなければ失敗」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.