くらし情報『誕生日に仕事、それってかわいそう?【はらだ有彩・大木亜希子】』

2020年2月17日 21:01

誕生日に仕事、それってかわいそう?【はらだ有彩・大木亜希子】

だと思わなくてもいいんじゃないかなと。現実は変えられないかもしれないけれど、自分のいる環境の中で自分ができる最適なソリューションを見つけられたら儲けものだな、と。だから、出力に時間がかかるから物書きになるという大木さんの解決法はすごくいいなと思いました。

大木:見つけるまでに15年くらいかかっちゃいましたけどね。

はらだ:生きているうちに見つかったことが素晴らしいと思います。ただ、大木さんみたいに解決法を見つけられなくても、どうせ人間が生きて死ぬまでの間わちゃわちゃしているだけなのだから、「こうじゃなきゃだめ」って深刻に考えなくてもいいかなって。

大木:はらださんの本を読んでいるとその自分なりの解決法を見つけられそうな気がします。時代も種族も超えたいろんな女の子のサンプルケースをたくさん知ることができるし、「やらかしちゃっても生きていけるよ」って。たとえ明日からもヤバい上司はそのままだったとしても、せめてこの本を読んでいる時だけは、新しい武器を手にした気持ちになれると思います。

最終回は2月19日(水)公開予定です。
(構成:安次富陽子、撮影:面川雄大)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.