くらし情報『飲み会に行くと疲れるけど…たまには無理して行ったほうがいい?【HSPのお悩み相談】』

2020年2月20日 20:45

飲み会に行くと疲れるけど…たまには無理して行ったほうがいい?【HSPのお悩み相談】

目次

・疲弊する人脈で仕事をしても疲れる
・嫌なことを止めるとやりたいことに意識が向く
・「どんな人と関わると自分は楽なのか?」を探る
飲み会に行くと疲れるけど…たまには無理して行ったほうがいい?【HSPのお悩み相談】

「友達と会うのは楽しいけれど、どんなに仲が良くても2時間が限界」「声の大きい人や威圧的な人が苦手」「近くに不機嫌な人がいると自分のせいだと思ってしまう」——。

人の顔色が気になって一喜一憂し、敏感さゆえに気疲れしてしまう人は、もしかしたら繊細すぎる気質を持った「HSP」(ハイリー・センシティブ・パーソン)かも……。

【関連記事】他人とずっと一緒にいると疲れる…敏感すぎる気質「HSP」って知ってる?

以前、HSPについて教えていただいた心理カウンセラーの坂本純子(さかもと・じゅんこ)さんに、HSPが陥りがちな悩みとその対処法を聞きました。全6回。※HSPチェックリストは記事末尾にあります。

心理カウンセラーの坂本純子さん

疲弊する人脈で仕事をしても疲れる

「仕事でいろいろな人に会うことが多いせいか、休日は人に会いたくないので引きこもっています。SNSは完全にオフで、仕事関係の人ともなるべくならつながらないようにしています。飲み会も疲れるので『夜は眠いので』『ジムに行くので』と断っています。一方、このままでは人脈が広がらず、仕事にマイナスになるのではと不安です。自分を変えたほうがいいのかなとも思ってしまいます」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.