くらし情報『「実は家にネット回線がなくて…」在宅勤務してみた男女のホンネ』

2020年2月25日 15:15

「実は家にネット回線がなくて…」在宅勤務してみた男女のホンネ

目次

・お茶代と通信制限がギリギリ
・寂しいので、そろそろ出社したい
・SNSにプライベートの投稿がしづらくなった
・お昼休みにパパッと家事
・契約書に社判が必要なので結局出社
・家族の時間が増えてうれしい
・通勤時間の短縮はいいけれど…
「実は家にネット回線がなくて…」在宅勤務してみた男女のホンネ

新型コロナウイルスの感染防止のため、「在宅勤務制度」を導入する企業が増えています。

オフィス勤務の場合と、働き方や生活はどう変わるのでしょうか?実際に在宅勤務を活用している男女6人に、正直な感想を聞いてみました。

お茶代と通信制限がギリギリ

28歳/マーケ職ひとり暮らし

コロナウイルスの余波で、取引先との打ち合わせもオンラインMTGとなり、どうしても対面でないとダメなケース出ない限りは自宅から勤務しています。

満員電車も乗らなくていいし、化粧もしなくていい。リラックスして働けるのはいいのですが、実は私、家にネット回線をひいていません。しばらくはカフェに行ったり、スマホのテザリング機能を使ったりして働いていましたが、そろそろ「お茶代」も「ギガ」も限界です。

急だったから仕方ないとはいえ、会社都合なんだから、通信料くらい負担してくれたらいいのにな……と、正直少し不満を感じています。

寂しいので、そろそろ出社したい

32歳/IT系ひとり暮らし

会社から在宅勤務を推奨されているので、このところ家に引きこもって、定時ギリギリまで寝ている日々です。オンライン会議はあるけど、人と話さないのが、だんだんとつらくなってきてしまいました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.