くらし情報『リアルなのはサエちゃんをめぐる人間関係 『架空OL日記』の魅力【バカリズム×佐藤玲】』

2020年2月29日 13:00

リアルなのはサエちゃんをめぐる人間関係 『架空OL日記』の魅力【バカリズム×佐藤玲】

監督は住田さんじゃないといけないし、書くのは僕じゃないといけないし……。

佐藤:「できそう」って思われるのはうれしいですね。「できそう」って思わせておいてめちゃくちゃハードルが高い……みたいな。

一番リアルなのは、サエちゃんをめぐる人間関係?

——佐藤さん演じる「サエちゃん」は妹キャラでやや天然。一歩間違えると周囲をイラッとさせる女子だと思うのですが、そうは感じさせない、ギリギリのところで許されている感じがあります。演じるのが難しいキャラだと思うのですが、佐藤さんは演じていていかがでしょうか?

佐藤:私自身、サエちゃんのような役は初めてで、私とは真逆のところにいる子です。だからこそ分かる部分もあって「ここはイラッとするな」とか「ここは許容範囲だな」とか……。なので、その匙(さじ)加減というかバランスはビクビクしながらやっている部分はありますね。イラっとするけど、一応許せるし、かわいいとも思えて後ろからくっついてきても嫌じゃないという感覚は大変ですね。

バカリズム:実は、サエちゃんと周りの女性陣の関係性がこのドラマのすごくリアルなところだと思います。

——というのは?

バカリズム:酒木さん(山田真歩さん)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.