くらし情報『人に会ってもすぐに帰りたくなる…HSPの人づきあいのヒント』

2020年3月3日 22:00

人に会ってもすぐに帰りたくなる…HSPの人づきあいのヒント

目次

・自分から切り上げるのが怖い
・「どう伝えることが自分にとって楽か?」を基準に選ぶ
人に会ってもすぐに帰りたくなる…HSPの人づきあいのヒント

「友達と会うのは楽しいけれど、どんなに仲が良くても2時間が限界」「声の大きい人や威圧的な人が苦手」「近くに不機嫌な人がいると自分のせいだと思ってしまう」——。

人の顔色が気になって一喜一憂し、敏感さゆえに気疲れしてしまう人は、もしかしたら繊細すぎる気質を持った「HSP」(ハイリー・センシティブ・パーソン)かも……。

【関連記事】他人とずっと一緒にいると疲れる…敏感すぎる気質「HSP」って知ってる?

以前、HSPについて教えていただいた心理カウンセラーの坂本純子(さかもと・じゅんこ)さんに、HSPが陥りがちな悩みとその対処法を聞きました。全6回。※HSPチェックリストは記事末尾にあります。

心理カウンセラーの坂本純子さん

自分から切り上げるのが怖い

「とにかく、人づきあいが疲れます。休日に人と会っても3時間くらいが限度。一緒にご飯に行ってもすぐに1人になりたくなるので、『このあと用事があるから』と切り上げるようにしています。私は冷たいでしょうか?」

——「疲れが明日に響くので早めに帰る」と言うのは、場がしらけるので気が引けるという声はよく聞きます。「私たちとのつきあいより、自分の生活ペースのほうが大事なの?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.