くらし情報『丁寧な暮らしではなくても…『暮しの手帖』新編集長に聞く、話題のコピーの真意』

2020年3月12日 10:00

丁寧な暮らしではなくても…『暮しの手帖』新編集長に聞く、話題のコピーの真意

妻の志を美さんとかわいいお子さんとの暮らしを、飾らずに撮った写真は心に届く力があります。でも、やっぱり家族といってもそれぞれ別個の存在で、けんかもすれば、日々いろいろあって、理想通りとはいかないんですって。砺波さんは、それを丸ごとひっくるめて「いとおしい」とおっしゃるんですね。

そうしたことを思い出したとき、以前から考えていたこととリンクして、「丁寧な暮らしではなくても」という言葉がぽっと浮かんだというのが正直なところです。

——編集部内から反対意見はありませんでしたか?

北川:反対はなかったのですが、ちょっと危ういタイトルではあると思いました。読者の方からご批判も受けるかなと思いましたし、実際、快く思わなかった方もいらしたようです。

でも、届いた多くの声は意外なほど温かく、「ほっとした」という声もいただきましたね。そこで、今の人は「丁寧」という言葉にプレッシャーを感じているのかな、と思いました。

暮らしに「正しい」も「間違っている」もない

——「プレッシャーを感じている」というのは?読者からそんな声があったのですか?

北川:「今まで『暮しの手帖』を遠巻きに見ていたけれど、自分には入れない“正しい世界”のように思っていた」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.