くらし情報『佐藤浩市・吉岡里帆が「今、この作品に出演する」ということ。映画『Fukushima 50』』

2020年3月10日 20:45

佐藤浩市・吉岡里帆が「今、この作品に出演する」ということ。映画『Fukushima 50』

それらはなかなか伝わってこない。監督の話を聞くうちに僕も、知られていないことが多くあるのだなと実感しました。

——震災から9年経っていますが、今も全国に1万人を超える福島からの自主避難者がいるなど問題はまだ解決したとは言えません。とてもデリケートな題材です。出演を決めることに迷いはありませんでしたか?

佐藤:そうですね。言いにくいけれど、題材として危険なところがあることは否めません。けれど、監督たちは「何らかのプロパガンダにならない」とおっしゃった。そして、「これからの未来を生きる人に自分たちは負の遺産を生んでしまったかもしれないけれど、そうではない部分でどんなバトンを渡せるか」「負の遺産を負のままにしないために、映画などの活動表現があるのではないか」と。それならば参加したいと出演を決めました。

オファー前の偶然

——吉岡さんはいかがですか?

吉岡:私が出演する家族のパートは、作品全体としては割合が少ないですが、難しいテーマだしどうしようというのはとても考えました。現場でも浩市さんが「(出演を)悩まなかった?」と声をかけてくださって。それくらい参加を決めるのは勇気がいる作品だったと私も思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.