くらし情報『佐藤浩市・吉岡里帆が「今、この作品に出演する」ということ。映画『Fukushima 50』』

2020年3月10日 20:45

佐藤浩市・吉岡里帆が「今、この作品に出演する」ということ。映画『Fukushima 50』

「よくいる父と娘」に見えたらいいなと思っていました。

ちょっとした衝突もあって良好ではないけれど、憎んでいるわけでもない。世の中が平和なときは気にも止めないような小さな諍いでも、有事のときは別。「あんなこと言わなきゃよかったな」「あのときこうしていたらよかったのかな」とお互いに思いを巡らせる瞬間を感じてもらえたら、と。

吉岡:私も、家族のシーンには誰もがどこかで感じたことのある瞬間が入っていると思っています。有事のときでさえ、自分の子どものことを考えるし、ケンカをしていても帰りを信じて待つし……。そんな普遍的なことが現れている。

佐藤:吉岡さんとは撮影に入る前に少しだけお話させていただいたのですが、その短い時間でも作品と自分の距離感を常に考えていることが伝わってきて「彼女は、クレバーだから大丈夫だろう」と思いました。

吉岡:先輩にそんなふうに言っていただくと、照れます(笑)。私がクランクインしたのは、撮影のだいぶ後半だったのですが、浩市さんとお会いしたときにゾッとしたことが忘れられません。

劇中より

緊張感のあるセットの中で

佐藤:ゾッとした?

吉岡:今までの佐藤浩市さんのイメージって、デニムが似合う若々しくて格好いい方。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.