くらし情報『佐藤浩市・吉岡里帆 世代の違う役者と共演するときにも「人」を見る』

2020年3月11日 14:45

佐藤浩市・吉岡里帆 世代の違う役者と共演するときにも「人」を見る

今回のように、難しい題材の作品だと現場に緊張感があるので、無理にコミュニケーションを取ろうとは思わず、ムダなおしゃべりはしないようにしています。

話したい時には、まず話しかけて相手の反応をみます。もしかしたら体調が悪いかもしれないし、忙しいかもしれない。「かもしれない」をいつも考えるようにしています。

撮影のオフショット

世代が変わっても良い作品に携わる喜びは変わらない

——佐藤さんは若い世代の方とお仕事をするときに気をつけていることはありますか?

佐藤浩市さん(以下、佐藤):時代が違うので、押し付けがましくならないようにというのは意識しています。僕が若かった頃は、かなり厳しい先輩もいらっしゃった。後になって感謝することもあったけれど、だからと言って同じようにしていいかというとそれは違う。ただ、それを反面教師にしてただ優しくすればいいかというのも違って。

やはり「個人」ですよね。この子には厳しく言うほうがいいな、厳しく言ってはいけないな、と。よく見極めることなのだと思います。こちらの一方的な接し方では通用しないから。

——いつ頃からそう思うようになりましたか?

佐藤:正直なところ、意識するようになったのはここ数年かな。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.