くらし情報『気象病、寒暖差アレルギー、乾燥が合併…春の不調の原因は?【臨床内科専門医が教える】』

2020年3月12日 15:01

気象病、寒暖差アレルギー、乾燥が合併…春の不調の原因は?【臨床内科専門医が教える】

しかし、気圧や気温の変化が大きいと、のちに詳しく説明しますが、自律神経に負荷がかかりすぎるようになります。すると、心身に多様な不調が現れます。

これを『気象病』と呼んでいます。気象病は最近ではよく知られてきましたが、天候の急激な変化によって体に不調をもたらす症状の総称です。先ほどお話した症状に加え、低血圧、ぜんそく、狭心症、心筋梗塞(こうそく)、うつ病などにも影響を受けることがわかっています。

中でも、『天気痛』と呼んで、頭痛、肩こり、腰痛、膝(ひざ)痛、リウマチの痛み、歯痛など、天気の変化で痛みが増す症状の研究が進んでいます」

昔から、「雨が降ると手術の痕の傷が痛む」などとよく言われてきました。その関係が医学的に立証されつつあるということです。

内耳が気圧の変動を感知して自律神経に影響する

気象病は、「耳の機能や気圧の変動に敏感な人がなりやすい」とも言われます。気圧の変動で起こる耳の症状と言えば、高層ビルにエレベーターで昇ったときや、飛行機に乗ったときに耳の奥がつーんとする現象が思い浮かびます。正木医師は、耳の働きと気象病について、こう説明を続けます。

「気圧が急に低くなると、耳の鼓膜の奥にある内耳(ないじ)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.