くらし情報『“Zoom映え”を意識、ちゃんと着替える…はかどる在宅勤務のコツを聞いてみた』

2020年3月17日 10:00

“Zoom映え”を意識、ちゃんと着替える…はかどる在宅勤務のコツを聞いてみた

目次

・1時間に1回は家事やゲームで体を動かす
・自宅で仕事をするときは決まった場所で!
・顔が映るビデオ会議では“Zoom映え”を意識!
・きちんとした服装に着替えて仕事モードに!
・ついつい見ちゃうテレビは絶対につけない!
・オンとオフを切り替える工夫が必要
“Zoom映え”を意識、ちゃんと着替える…はかどる在宅勤務のコツを聞いてみた

現在、世界中で流行している新型コロナウイルス感染症。日本では感染拡大防止のため、在宅勤務に切り替える企業が増加しています。自宅で仕事をすることで、「感染リスクを回避できる」とほっとしている方もいるのではないでしょうか?

しかし、オフィスに出勤しなくてよくなったものの、「子供が家にいて仕事に集中できない」「コミュニケーションが取りづらい」「オンとオフの切り替えができない」など、不慣れな在宅勤務に戸惑っている人もちらほら……。

そこでウートピ編集部では、普段からリモートワークや在宅で働いている30代~40代の男女に、「在宅勤務をするときのポイント」について話を聞いてみました!

1時間に1回は家事やゲームで体を動かす

私は一人暮らしなので、家事をリフレッシュの時間として活用しています。リモートワークだと、どうしても同じ姿勢でデスクに座りっぱなしということが多くなるので、1時間に1回は席を立って、洗濯や洗い物、夕飯の買い物に出掛けるなど、体を動かすように心掛けています。

そのほかに、冒険しながらフィットネスができるNintendo Switchのゲーム「リングフィット アドベンチャー」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.