くらし情報『他人との距離感が分からない…“カルト抜け”した私がぶち当たった壁』

2020年3月21日 20:45

他人との距離感が分からない…“カルト抜け”した私がぶち当たった壁

とか、悶々(もんもん)と考えちゃいます。でも気を付けているのは、自分が思っているよりも、2メートルくらい人と離れておこうと。

——2メートル?

たもさん:近すぎちゃうのがカルトの特徴というか、承認欲求を満たしたい人にとってはすごく良い場所なんです。でも、ほかの人にも同じ距離感で接してしまうと「近い」となるので。

つい善かれと思って助言やアドバイスをしてしまうんです。例えば、友人と話していて相手が愚痴をこぼしても、つい「こうしたほうがいいよ」と言いたくなるのでグッとこらえて「そうなんだ」と言うだけにしようと意識しています。

——私自身も心当たりがあるのですが、相手にとって有益なことを言わないと自分の存在価値がないと思っちゃっているのかもしれないですね。

たもさん:信者はみんな助言したがるのかなって。悪い方向に行っている仲間を助けないと、悪い方向に行ったら滅びちゃうから、命を助ける気持ちでめっちゃ助言するんです。服装から言葉から何でも。
——「善かれと思って」なんですね。宗教に限らず一般の社会やSNSでも見られる光景ですね。

たもさん:SNSでも助言合戦になっていることってありますよね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.