くらし情報『他人との距離感が分からない…“カルト抜け”した私がぶち当たった壁』

2020年3月21日 20:45

他人との距離感が分からない…“カルト抜け”した私がぶち当たった壁

ただ共感してほしいだけなのに余計なことを言っちゃって燃えている人とかを見ると、人の振り見て我が振り直せじゃないですけど、気を付けないとと思いますね。

——ほかにも入信していた時のクセってありますか?

たもさん:誰かが良くないことをしているのを見たとして、偉い人に密告したり、告げ口しちゃうという光景もよくありました。そういう感じで育ってしまったので、そのクセから抜けるのは難しいなあと思います。

「教祖にはならない」私が決めていること

——あとがきを読んでハッとしたのが、たもさん自身が「教祖にだけは絶対ならない」と決意していた部分でした。読者からの悩み相談に気持ち良く答えている自分に違和感を感じ始めたという……そのあたりを詳しく伺いたいです。

たもさん:誰かに悩み相談をしてはダメというわけではないのですが、たまに「これからも脱宗教の礎として頑張ってください」とか、「被害者代表として頑張ってください」というようなメールやメッセージをいただくことがあるんです。もちろん、褒めるつもりで言ってくれているとは思うのですが、私は「ちょっとそれはやめてほしいな」と違和感があるんです。

私はただマンガを描きたいから描いて、これしかネタがなかったから描いただけで、別に被害者代表になったつもりはないです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.