くらし情報『カジュアルは「黒と薄い色を合わせる」と覚えておくと簡単!【スタイリストのコーデ術】』

2020年3月25日 15:01

カジュアルは「黒と薄い色を合わせる」と覚えておくと簡単!【スタイリストのコーデ術】

目次

・派手すぎる服をおしゃれに着る方法
・「黒で何が悪い」というのがカジュアル
カジュアルは「黒と薄い色を合わせる」と覚えておくと簡単!【スタイリストのコーデ術】

「暖かくなって春のファッションを楽しみたいけれど、どんな服を着ていいのか分からない」
「カジュアルなファッションが好きだけれど、コーディネートがマンネリ化している」という人は少なくないのでは?

映画やテレビCMなどで多くのモデルや俳優の衣装を担当するスタイリストの中川恭子(なかわが・きょうこ)さんの新刊『きれいめ、カジュアル、モードが全部できるようになる』(日経BP)が2月14日に発売されました。

自分を最高に引き立たせる服を自由自在に選べるようになるためにはどうすればいいの――?本書の一部をご紹介します。第3回目のテーマは「カジュアル」です。

派手すぎる服をおしゃれに着る方法

『きれいめ、カジュアル、モードが全部できるようになる』より

アシンメトリーだったり、ギャザーが多かったり、立体感のある編みニットであったりと、いわゆる派手なデザインがある服をかっこよく着るにはどうすればいいでしょうか?

それは、デザインはあるけれど、服をベーシックカラーにして、柄のない「無地」にすることです。それだけ守れば、おしゃれは思いのままです。

あとのポイントは、カジュアルのシルエットを守るだけ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.