くらし情報『梅雨だからってどんよりしてられない。雨の日こそ楽しめる8つのこと』

2019年6月18日 14:00

梅雨だからってどんよりしてられない。雨の日こそ楽しめる8つのこと

神奈川県川崎市の妙楽寺は紫陽花がとっても有名なんです。見頃の6月中旬〜下旬には、なんと28種類約1,000株もの紫陽花が咲き誇るんですよ!そして毎年6月の第3日曜日には「長尾の里 あじさいまつり」が開催されます。この日はとても多くの人で賑わうのだとか。

▶︎横浜・八景島シーパラダイスに2万株のあじさいが咲き誇る

神奈川県横浜の八景島シーパラダイスでは、6月8日(土)~30日(日)の期間「第19回八景島あじさい祭」が開催されるんです。海と一緒に紫陽花を見ることができる八景島ならではの景色は、まさに絶景。

②晴れの日よりゆったり見れる「美術館」を巡る
梅雨だからってどんよりしてられない。雨の日こそ楽しめる8つのこと


休日になると人が多くてゆっくり見るのが難しいこともある美術館は、雨の日こそ狙い目です!人も少ないし、ペースを乱されることなく回れますよ。この機会に美術・芸術に触れてみたら、新しい楽しみや趣味を発見できるかも。今はカフェが併設されている美術館も多いので、時折休憩しつつアートに触れる一日を楽しんで見てはどうですか?

とはいえなるべく雨に濡れないよう、おすすめは駅から近い美術館。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.