くらし情報『“暑苦しい”は誤解です!夏でも履きたい黒スキニーはどう着こなす?』

“暑苦しい”は誤解です!夏でも履きたい黒スキニーはどう着こなす?

2018年7月13日 15:15
 

黒スキニーが夏コーデに超使えるんです!

目次

・黒スキニーが夏コーデに超使えるんです!
・×ゆるトップスでシルエットにメリハリを
・コンパクトなトップスならきちんと見えが叶う
・甘めアイテムをカジュアルダウン
・レギンス感覚でワンピとレイヤード♡
・もう夏の黒スキニーを重たいなんて言わせません
白のロゴTに黒スキニーを合わせた女性


出典: WEAR

ピッタリと脚に沿う黒スキニーは、夏になると「暑苦しい」とか「重い」とかマイナスな印象を持たれがち。でも美脚効果が抜群のアイテムだから、上手にコーデに取り入れればスタイルUPが期待できちゃうんです。もこもことした重ね着でボディラインをごまかせない夏こそ、黒スキニーで潔く華奢見えを叶えちゃいましょ♡

×ゆるトップスでシルエットにメリハリを

ゆるっとしたシルエットのトップスにタイトな黒スキニーを合わせれば、カジュアルなゆるピタYシルエットが完成。スキニーを履くときに気になる腰周りもさりげなくカバーできちゃうし、シンプルコーデも何だかこなれて見えちゃうしと、まさに良いことづくめ。リスクの少ないこの着こなし、チャレンジしてみない手はありません!

白のビッグTシャツに黒スキニーを合わせた女性


出典: WEAR

サイドスリットが入ったビッグシルエットの白Tに黒スキニーを合わせたモノトーンコーデ。巾着バッグやサンダルなど小物も黒で揃えたら、クールに輝くシルバーのアクセサリーをプラスして、スタイリッシュな着こなしを楽しんで♪

黒のビッグTシャツに白のインナーを仕込んで、黒スキニーを合わせた女性


出典: WEAR

重たい印象に陥りがちな黒メインの着こなしは、シルエットでメリハリを出すのがおすすめ。黒Tの襟ぐりや裾からチラリとのぞかせた白が絶妙なアクセントとなって、コーデに軽やかさを出してくれますね。

ベージュのノースリーブブラウスに黒スキニーを合わせた女性


出典: WEAR

ふわっとエアリーなベージュのブラウスを、黒スキニーにフロントイン。着こなしにリズムが出て、よりこなれた感じに仕上がります。無造作に出した後ろの裾が抜けを演出してくれると同時に、ヒップラインをカバーしてくれるのも嬉しいポイント♡

コンパクトなトップスならきちんと見えが叶う

タイトなシルエットと黒というシックな色合いゆえに、上品な雰囲気が漂う黒スキニー。合わせるトップスもコンパクトにまとめれば、清潔感のあるきれいめコーデが完成します。カジュアルだけれど程よくきちんと見えもする着こなしって、わたしたち大人女子の大好物だと思いませんか?

赤のフレンチスリーブのリブトップスに黒スキニーを合わせた女性


出典: WEAR

ビビッドな赤のリブトップスを黒スキニーにタックインすれば、印象的な配色とタイトなラインがまるでパリジェンヌのような着こなしに。スニーカーでちょっぴりラフにハズすのもアリだけれど、ポインテッドトゥのパンプスに繊細なゴールドのアクセサリーやチェーンバッグを添えて、とことんレディライクにキメちゃうのも素敵です♡

黒のボーダートップスに黒スキニーを合わせた女性


出典: WEAR

カジュアルなボーダートップスも、細身のシルエットならきれいめに着こなせます。他にも、詰まった襟ぐりやさりげなく肩口を覆うフレンチスリーブ、白ベースに太すぎないネイビーのラインと上品見えするディテールが満載。黒スキニーを合わせてシックにまとめたら、カンカン帽にクリア素材のバッグと夏らしい小物をトッピングして季節感を盛り上げちゃいましょう!

白のタンクトップにグレーのシースルーのカーディガンを羽織って、黒スキニーを合わせた女性


出典: WEAR

ショート丈のカーディガンを羽織ることでふんわりとしたフレアブラウスのボリュームが抑えられ、トップスがコンパクトにまとまります。素肌の透けるシースルー素材だから、アイテムを重ねても軽さを出すことができますね。

甘めアイテムをカジュアルダウン

愛らしいフリルや、繊細なレース…そんなスウィートなディテールのトップスをカジュアルダウンするのにも、黒スキニーが大活躍。甘トップスはえてしてボリュームのあるものが多いから、引き締め効果抜群の黒スキニーがまさにうってつけなんです。かわいらしすぎて今まで敬遠していたあのアイテムも、黒スキニーで大人っぽく着こなすことができちゃいますよ!

ギンガムチェックのフリルブラウスに黒スキニーを合わせた女性


出典: WEAR

胸上の切り替えから広がる大きめのフリルがキュートなギンガムチェックのブラウスは、黒スキニーで引き締めて甘さもボリュームも適度にOFF。くるぶしがのぞくアンクル丈なら、素足を見せて抜けをつくることも簡単ですね。

ピンクのフリルスリーブブラウスに黒スキニーを合わせた女性
出典: WEAR

ほんのりとくすんだピンクとティアードスリーブがエレガントなブラウスも、黒スキニー合わせなら甘くなりすぎることなく着こなせます。スキニーの裾を2センチくらい折り返すと、カジュアルさがいっそうUP!ミュールやスポサンでリラックス感をプラスしてもかわいいかも♡

白のシフォンブラウスに黒スキニーを合わせた女性
出典: WEAR

透け感のあるシフォンブラウスは、黒スキニーでモードに寄せるのが甘さを抑えてクールに着こなす秘訣。小物もモノトーンで辛口にまとめて、媚びのないスタイリングに徹して。

レギンス感覚でワンピとレイヤード♡

ワンピースにボトムスをレイヤードする着こなしがトレンドの2018夏。ちょっぴりハードルの高いおしゃれですが、脚を細く長く見せてくれる黒スキニーなら、もたつくことなくスッキリと着こなせちゃうんです。レギンス感覚で履ける黒スキニー、とことんレイヤードコーデに活用しちゃいましょ。

ベージュのTシャツワンピに黒スキニーをレイヤードした女性


出典: WEAR

スリットの入ったTシャツワンピに黒スキニーをレイヤード。落ち着いたアースカラーとブラックのコンビだから、ナイロンバッグやスポサンを合わせた肩の力を抜いたラフな着こなしも大人っぽくまとまります。ベルトでブラウジングして、変化をつけるのもアリですよ!

白のレースワンピースに黒スキニーを合わせた女性


出典: WEAR

素朴で愛らしいカットワーク刺繍のワンピースだって、ほっこり見せない黒スキニーの威力はさすが。ベージュのキャップやクリアサンダルなどトレンド感のある小物を揃えれば、感度の高いMIXコーデに仕立てることができちゃいます。

黒のキャミソールに黒スキニーを合わせて、ブラウンのシャツワンピを羽織った女性


出典: WEAR

ワンピースを羽織りとしてレイヤードするときのボトムスとして黒スキニーを使うのもおすすめ。キャミ×スキニーのタイトなオールブラックコーデに艶やかなとろみ素材のシャツワンピをさらりと羽織って、リッチ感の漂う大人の着こなしを完成させて♡

もう夏の黒スキニーを重たいなんて言わせません

グレーTシャツに黒スキニーを履いた女性
出典: WEAR

引き締め効果抜群の黒スキニーを、「暑苦しい」とか「重い」なんて理由で夏コーデに取り入れないのはもったいない!ぜひこの夏は黒スキニーを使ったシャープな着こなしで、お手軽に華奢見えを叶えちゃいましょう!

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.