くらし情報『使い切らずに余った香水、眠ってない?まだまだ使える意外な活用法4つ』

使い切らずに余った香水、眠ってない?まだまだ使える意外な活用法4つ

2018年2月17日 11:00
 

余った香水どうしてる?

香水には期限があることを知っていますか?ブランドにもよりますが、開封してから3年が期限と言われているんです。香水をたくさん持っていて気分で使い分けている人は、気がついたら3年経っていた…なんてこともありそうですよね。

目次

・余った香水どうしてる?
・活用法①お風呂に垂らしてアロマバスに
・活用法②名刺や手紙を香らせて印象づけに
・活用法③ルームフレグランスに
・活用法④お部屋のお掃除に
・お気に入りの香水は最後まで使い切って♡
香水活用法


まだ全然使えそう!と思っても、変色してしまっている場合も。変色した香水を付けると服についてシミになることもあるので気を付けて。それでもボトルがかわいいからと捨てられず、とりあえず飾ってる人も多いはず。残っている香水の使い道に困ったら試してほしい、4つの活用法を教えちゃいます!

活用法①お風呂に垂らしてアロマバスに

お気に入りの香りならお風呂に垂らして、アロマバスにしてみて♡香水独特のキツさも無くなってバスルームが癒しの空間に。

香水でアロマバス


バスタブにお湯を張ったら、2.3回ほど香水をプッシュするとほんのりいい香りが♪もし香りが足りなかったら更に足して調整してみてください。あまりたくさん入れ過ぎるとお風呂の温かさでバスルームに香りが充満して、のぼせてしまうこともあるので程々に。ほんのり香るくらいが丁度いいですよ。

活用法②名刺や手紙を香らせて印象づけに

お気に入りの香りは名刺や手紙にも振りかけて印象づけにも有効です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.