くらし情報『フレアスカートが似合う春が来た。今年のトレンドや旬の着こなしって?』

フレアスカートが似合う春が来た。今年のトレンドや旬の着こなしって?

2018年3月13日 11:00
 

春はフレアスカートの季節です♡

関連リンク

・【GU・ユニクロ】の春夏ファッションをチェック!プチプラで賢くおしゃれ♪
・【無印良品】見た目も使い勝手も抜群!オススメのお掃除グッズ特集
・ボーダーは永遠の定番!今年は少し冒険した個性的なボーダートップスに挑戦してみよう
くすみイエローのフレアスカートを履いた女性
出典: ZOZOTOWN

優しく清々しい春の風にふわりとなびくフレアスカートは、まさしく春の風物詩。「今年の春はどんなフレアスカートをどうコーディネートしよう?」とワクワクしている人も多いはず。そこで、2018年春のフレアスカートトレンド事情や着こなし方をいくつかご紹介しちゃいます♪

最旬フレアスカートで春コーデをアップデート!

2018年春のフレアスカートは、チノ素材のものやフロントボタンのデザインがあるものに注目が集まっています。中でもフロントボタンのスカートは、トレンチコートのデザインをスカートに落とし込んだトレンチスカートが大人気。トレンドといってもベーシックな素材や見慣れたデザインのものが多いから、いつものコーデに取り入れやすいのが嬉しいですね♡

チノフレアスカート
黒のパーカーにベージュのチノフレアスカートを合わせた女性


出典: WEAR

スカートに限らずチノボトムスは2018年の注目アイテムですが、カジュアルさとほどよい女っぽさを兼ね備えたチノフレアスカートはまさに最強。ボリュームのあるシルエットが持ち味のマキシフレアスカートなら、ボーイズライクなプルオーバーパーカーに合わせてもほんのりフェミニンに仕上げることができちゃいます。

ボーダートップスにカーキのチノフレアスカートを合わせた女性


出典: WEAR

ハリのあるチノ素材はボーダーTシャツのようなカジュアルアイテムと相性バッチリだから、スカートは苦手という人にもおすすめなんです♡ハードな印象のカーキこそ、ぜひフレアスカートで取り入れてみて。たっぷりと長めの袖がガーリーなボーダーTシャツや白靴下×パンプスの足もとなど、ほんの少し効かせた甘さがグンと映えますよ。

白のロゴTシャツに白のチノスカートを合わせて、カーキのミリタリーシャツを羽織った女性


出典: WEAR

クリーンなホワイトなら、チノスカートも一段と甘い雰囲気に。付属のリングベルトでウエストマークしてふわっと広がる可憐なフレアシルエットを強調したら、ロゴトップスやミリタリーシャツでカジュアルな味付けをするのが大人ガーリーを叶える秘訣ですね。 

フロントボタンスカート
白のスウェットにフロントボタンのデニムフレアスカートを合わせた女性


出典: ZOZOTOWN

着こなしにメリハリをつけてくれる上に縦長のラインを強調してくれるフロントボタンのデザインは、スタイルUPに効果抜群。マンネリしがちなデニムアイテムだからこそ、この春はフロントボタンのフレアスカートでちょっぴりレトロな着こなしを楽しんでみませんか?

ブルーのストライプブラウスにベージュのフロントボタンデザインのイレヘムフレアスカートを合わせた女性


出典: ZOZOTOWN

サイドにずらしたフロントボタンに加えてイレギュラーヘムとこだわりのディテール満載のフレアスカートは、ストライプブラウスでさっぱりと着こなすのが◎オンオフ問わず使えるデザインだから、オフィスカジュアルにもうってつけ。歩くたびに揺れるアシンメトリーの裾に、憂うつな通勤タイムの足取りも軽くなっちゃうかも!?

白のレースブラウスにネイビーのフレアシルエットのトレンチスカートを合わせた女性


出典: ZOZOTOWN

トレンチ風のフロントボタンスカートは、2018年春の注目アイテム。レースブラウスでフェミニンに着こなすのはもちろん、スウェットなどでカジュアルに着くずしてもきちんと感をキープすることができちゃう、大人女子にはたまらないデザインなんです♡

春ですもの、カラースカートで華やかに

色鮮やかなフレアスカートをはくだけで、着こなしが一気に華やぎます。重いコートを脱いで身も心も軽やかになる春は、あえてカジュアルダウンしてヘルシーに着こなすのもGOOD!さわやかな風にキレイ色のフレアスカートをなびかせて、春めきコーデを楽しんじゃいましょう。

白のレーストップスにデニムジャケットを羽織り、イエローのフレアスカートを合わせた女性


出典: WEAR

イエローのフレアスカート×レースブラウスの春らしい組み合わせに、ビッグシルエットのデニムジャケットをゆるっと羽織って抜け感を演出。足もとも白コンバースで軽く仕上げて、キュートなイエローが活きるガーリーカジュアルを完成させて♪

ボーダートップスにラベンダーのフレアスカートを合わせた女性


出典: WEAR

2018SSトレンドカラーでもあるラベンダーも、フレアスカートで取り入れるのにピッタリの春色パステル。主張しすぎない細ピッチのボーダーや無地の部分が多いパネルボーダーなら、カジュアルな中にも女性らしくやわらかな雰囲気を漂わせることができますね。

白のパーカーにグリーンのフレアスカートを合わせた女性
出典: WEAR

新緑を思わせる鮮やかなグリーンのフレアスカートは、ピュアホワイトのパーカーで清潔感あふれるMIXコーデに。ワンツーコーデもさらりとキメてしまうのが、カラーフレアスカートの強みです♡

グレーのスウェットにライダースを羽織って、ピンクのフレアスカートを合わせた女性
出典: WEAR

パキっと強めのピンクは、甘く着こなさずに辛口に仕上げるのが格好いい!ヴィンテージのような風合いのロゴスウェットにライダースを合わせたら、パイソン柄のポインテッドトゥの足もとを白靴下で軽くはずして、こなれ感たっぷりに着こなしちゃいましょ。

柄スカートもフレアシルエットに夢中♪

ドットにチェック、花柄にストライプ…と、柄のバリエーションも豊富なフレアスカート。どの柄もとってもキュートで、つい目移りしてしまいますよね。でもフレアスカートはもともとが甘めアイテムだから、チョイスを間違えると幼く見えてしまうことも。長め丈を選んだり、落ち着いたカラーや小ぶりな柄を選んだりと厳しい目でチェックするのが大切ですよ♡

2018年春はドットとギンガムに注目!
ベージュのTシャツに黒のドット柄のフレアスカートを合わせた女性


出典: WEAR

ドット柄がトレンドの2018年春、お店には大小様々なドット柄のアイテムが並んでいますが、大人女子が着回すならやっぱりモノトーンの小粒ドットがベスト。ラグランスリーブがほんのりスポーティなベージュのトップスに合わせるだけで、甘すぎずカジュアルすぎない絶妙なガーリーコーデが完成しちゃいます。

白のトップスにデニムジャケットを羽織って、ギンガムチェックのフレアスカートを合わせた女性
出典: WEAR

オールシーズン使えるチェックも、春はさわやかなギンガムチェックが気分。脚長効果抜群のハイウエストのフレアスカート×ショート丈のジャケットに、かごバッグとバレエシューズをプラスしてフランス映画のヒロインのような着こなしを楽しんでみるのはいかが?

ネイビーのスウェットにパープルのギンガムチェックのフレアスカートを合わせた女性


出典: WEAR

パープルのギンガムチェックのフレアスカートを、ネイビーのスウェットでカジュアルダウン。同系色だから、ボリュームのあるシルエットもスッキリと着こなせますね。サークルモチーフのイヤーアクセなど、白を効かせたレトロポップなアクセサリーづかいにも注目です。

その他の定番柄もおすすめです♡
グレーのニットにネイビーの花柄のフレアスカートを合わせた女性


出典: WEAR

春コーデに欠かせない花柄を、王道のフレアスカートで取り入れるももちろんアリ!でも、Vネックからさりげなくレースタンクをのぞかせたり、真っ白なスニーカーやメンズライクな腕時計ではずしたり、型にはまらず好きなテイストをMIXするのが大人女子流の着こなし方かも。

白のショート丈カーディガンにイエローの花柄のフレアスカートを合わせた女性
出典: WEAR

ころんと丸みを帯びたボタンが愛らしいショート丈のニットカーデに合わせたのは、ちょっぴりエスニック調のペイズリー柄のフレアスカート。イエロー地にネイビーのプリントならほどよい華やかさで、デイリーコーデにも大活躍間違いナシですよ。

グレーのパーカーに黒地に白のストライプが入ったフレアスカートを合わせた女性


出典: ZOZOTOWN

クールなストライプを、シフォン素材との切り替えやイレヘムデザインが効いたフレアスカートで取り入れるのも素敵♡グレーのパーカーやシルバーのレースアップシューズでカジュアルに寄せて、あくまでもハンサムに着こなすのがおすすめです。

春コーデはフレアスカートにお任せ♡

パープルニットに生成色のフレアスカートを履いた女性
出典: ZOZOTOWN

春風に揺れるフレアスカートにきゅんとする乙女心は、大人女子も変わりません。今年の春も、とびきりのフレアスカートコーデを満喫してくださいね!

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.