くらし情報『王道だからこそかわいくキメたい!ブラウス×デニムパンツの春コーデ』

王道だからこそかわいくキメたい!ブラウス×デニムパンツの春コーデ

2018年4月5日 16:30
 

春の王道!ブラウス×デニムパンツコーデ♡

春コーデの定番コンビともいえるブラウスとデニムパンツ。キュートなブラウスを一枚で着られる春だからこそ、ここぞというときは自分が一番かわいく見えるブラウス×デニムパンツコーデで勝負に出たいですよね。

関連リンク

・【PVCブームが席巻中!】みんな“透明バッグ”はどうやって取り入れてる?
・欠点が見当たらない!春夏はリネンスカートに魅了されまくりの予感♡
・型落ちだっておいしく炊けちゃうんです…オススメ炊飯器2選
白のレースブラウスにデニムパンツを合わせた女性


出典: ZOZOTOWN

そこで「今年の春はブラウスとデニムをどう合わせようかな?」とワクワク考え中のあなたに、着こなしのアイディアをご紹介。ぜひ、あなたならではのブラウス×デニムパンツコーデを見つけるヒントにしてくださいね♪

 

無地のブラウスはデザインや色にこだわって!

バルーンスリーブなど袖コンなブラウスを思いきり楽しめるのも、アウターがいらない春ならでは♡ちょっぴりドレッシーなブラウスだって、デニムパンツに合わせれば簡単にカジュアルダウンできちゃうのが嬉しいところ。軽やかな素材やHAPPY感のあるカラーで、春らしさを満喫するのもアリですね!

 

デザインブラウスはデニム合わせが吉
クレープ素材のバルーンスリーブのブラウスにデニムパンツを合わせた女性


出典: ZOZOTOWN

ガーリーな印象のバルーンスリーブですが、やわらかくさらさらと落ちるクレープ地ならこなれた雰囲気に。スリットの入ったデニムを合わせて、シンプルだけれどスタイリッシュな着こなしを楽しんじゃいましょ♡

 

ベージュのフレアスリーブのブラウスにデニムのサロペットを合わせた女性
出典: WEAR

フリルが重ねられたフェミニンなブラウスは、相反するイメージのデニムサロペットにぶつけるのが正解。ヌーディーなベージュなら甘くなりすぎず、幼く見えがちなサロペットコーデも大人の余裕を感じさせる洗練された着こなしに見違えます。

 

ネイビーのウエストリボンのついたブラウスにデニムを合わせた女性


出典: ZOZOTOWN

ウエストでリボンを結ぶデザインのブラウスは、腰位置を高く見せることができる上に腰周りをふんわりとカバーしてくれる優秀アイテム。デニムと同系色のネイビーなら、さらなるスッキリ見せが叶っちゃいますよ。

 

春カラーのブラウス×デニムコーデ
イエローのハイネックギャザーブラウスにデニムパンツを合わせた女性


出典: WEAR

華やかだけれど甘すぎないイエローは、大人女子にピッタリの春カラー。レトロなハイネックブラウスで取り入れれば、いつものデニムコーデも旬度の高い春っぽコーデに即レベルUPです♡

 

ピンクのブラウスにワイドデニムパンツを合わせた女性


出典: WEAR

桜を思わせるパステルピンクのブラウスは、ぽわんと膨らんだ袖がとってもキュート。同じトーンの薄色デニムでカジュアルダウンするのもかわいいし、インディゴデニムできれいめに着るのも◎だから、春のお出かけに大活躍してくれそう!淡い色でまとめたときは、黒のショルダーバッグなどでコーデを締めると間延びしませんよ。

 

白のトップスにグリーンのリネンブラウスを羽織り、ワイドデニムを合わせた女性


出典: ZOZOTOWN

リネンブラウスなら、鮮やかな色も大人っぽく着こなせます。前を開けて羽織ると、肩を落として着るドロップショルダーのデザインが一段と映えますね。たっぷりとしたワイドデニムで、麻の質感を生かしたリラックスコーデに仕立てるのがおすすめです。

 

春のトレンド柄はデニムパンツでカジュアルコーデに落とし込んで

ドットに花柄、ギンガムとスウィートな柄が人気の2018年春。でも甘いブラウスをそのまま着るのは気恥ずかしい…そんなときこそ、デニムパンツに合わせてカジュアルに寄せちゃいましょう!ブラウスもシックな色を選べば、グッと大人っぽく着こなせますよ♪

ネイビーのドット柄ブラウスにデニムパンツを合わせた女性


出典: ZOZOTOWN

控えめな袖口のフリルが可憐なドット柄のブラウスは、上品見えするネイビーを選んで。デニムパンツでカジュアルダウンした足もとに赤のバレエシューズを合わせれば、パリの女の子のように小粋な着こなしが完成しちゃいます♡

 

透け感のある花柄ブラウスに濃色のスキニーデニムを合わせた女性


出典: WEAR

春に着たくなる小花柄のブラウスは、黒ベースだとシックに着こなせます。濃いめのスキニーにパンプスやチェーンバッグを合わせて、凛としたレディカジュアルコーデを楽しんじゃいましょう。 

バックリボンデザインのブルーのストライプブラウスに、デニムパンツを合わせた女性


出典: WEAR

膨らんだ袖に背中のリボンと甘め要素満載でも、シャープな印象のストライプならOK♪ボリュームのあるブラウスだから、ハイウエストのワイドデニムにタックインして腰位置を高めに着こなすのがマストですね。

 

ギンガムチェックのブラウスにグレーのパーカーを羽織って、デニムパンツを合わせた女性


出典: WEAR

ギンガムチェックは、格子が小さめのモノトーン配色が◎グレーパーカーにキャップを合わせたスポーティーな着こなしにも、しっくり馴染んでくれますよ。

 

レースブラウス×デニムパンツは春の鉄板コーデ!

ニットやスウェットのインナーとして冬の間から活躍してくれたレースブラウスも、春はコーデの主役に躍り出ます。特にデニムパンツとのMIXコーデはもはや大人女子の春の定番だから、要チェックですよ!

袖にレースの切り替えが入ったブラウスにデニムパンツを合わせた女性


出典: ZOZOTOWN

レースブラウス初心者さんにおすすめなのが、袖だけなど部分的にレースの切り替えが入ったブラウス。インナーに悩む心配もなく、ストレスフリーに×デニムパンツコーデを満喫できちゃいます。

 

チュールレースブラウスにデニムパンツを合わせた女性


出典: ZOZOTOWN

チュールレース越しに透ける肌がセンシュアルなブラウスは、ゴツめのアイテムでカジュアルに着るのがセオリー。だぼっとしたワイドデニムに辛口のライダースを合わせて、とことんクールに着くずすのも格好いいかも!

 

黒のスカラップレースブラウスにデニムパンツを合わせた女性


出典: ZOZOTOWN

袖口がスカラップレースになったブラウスは、落ち着いた黒を選んで甘さを抑えるのがポイント。クロップド丈のデニムで足首を見せれば、ふわりと広がる袖とのバランスがきれいに取れますよ。

 

パープルのレースフリルブラウスにデニムパンツを合わせた女性


出典: ZOZOTOWN

色によって印象が変わるカラーレースのブラウスは、ミステリアスなパープルで周りに差をつけるのもアリ。一見着こなすのが難しそうですが、青を含んでいるからデニムとの相性はバッチリなんです。フリルたっぷりのクラシカルなブラウスだからこそ、策を弄せず無造作に着こなしたいですね。

 

刺繍ブラウスも外せません

花模様や幾何学模様など、繊細な刺繍がほどこされたブラウスに心ときめかない人はいないはず。でも油断するとほっこりしがちなアイテムだから、扱いには注意が必要。まずはデニムパンツ合わせで、さっぱりと着こなしてみるのはいかが?

黒の刺繍ブラウスにロールアップしたデニムパンツを合わせた女性


出典: WEAR

さらりとした生地に淡色で花模様が刺繍されたブラウスは、黒でも軽やか。ゆったりとしたシルエットが生きるようワイドデニムに前だけインして、肩の力を抜いた着こなしに。トレンド感のあるネットバッグで、さりげなく感度の高さもアピールしちゃいましょ♡

 

ボリュームスリーブに刺繍がほどこされたベージュのブラウスにデニムパンツを合わせた女性


出典: ZOZOTOWN

袖のスパンコール刺繍がとっても華やかですが、ベースがモカベージュなら派手になりすぎることはありません。からりと乾いたアースカラーと相性がいい薄色デニムで、エスニック風に着こなすのも素敵。巾着バッグやスリッパサンダルもナチュラルテイストのものを選べば、こなれ感がグンとUPしますね。

 

ピンクの刺繍ブラウスにデニムパンツを合わせた女性


出典: ZOZOTOWN

ビビッドピンクのように鮮やかカラーのブラウスなら、同色刺繍がおすすめ。パンチのある色でもごちゃごちゃせず、スッキリと着こなすことができますよ♪

 

透け感のある生地に花柄の刺繍をほどこしたブラウスに淡色デニムを合わせた女性


出典: WEAR

色とりどりの花が刺繍されたチュールブラウスは、ライトブルーのワイドデニムでちょっぴりラフに仕上げるのが普段づかいにシフトするコツ。シアーな透け感がドレッシーだから、カジュアルなデニムとのギャップが逆に女っぽさを際立たせてくれます。

 

春はやっぱりブラウス×デニムパンツでしょ?

黒い刺繍ブラウスにデニムパンツを履いた女性
出典: ZOZOTOWN

ブラウスもデニムパンツも、春コーデには欠かせないマストアイテム。そんな定番コンビだからこそ、ぜひ自分らしい着こなし方で心ときめくブラウス×デニムパンツコーデを楽しんでくださいね♡

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.