くらし情報『人気再燃中の《レギンス》春はこう着こなす!カラー別おすすめコーデ』

人気再燃中の《レギンス》春はこう着こなす!カラー別おすすめコーデ

2018年4月6日 16:00
 

2018年春、レギンスコーデがリバイバルHITの予感!

目次

・2018年春、レギンスコーデがリバイバルHITの予感!
・まろやかカラーがおすすめです♡
・ちょっぴりクールにキメるなら、グレーをチョイス
・やっぱり黒レギンスが使える!
・春のカジュアルコーデは、レギンスがマスト!
ベージュのワンピースに白のレギンスを合わせた女性


出典: WEAR

スカートやワンピースに合わせて春先の防寒対策に、あるいは透け防止に体型カバーにとマルチに活躍してくれるレギンス。ビッグシルエットのトップスとのコンビで、メリハリの効いたスタイリングを楽しむなんて使い方もアリですよね。実は2018年春、そんなレギンスが再び注目を集めているんです。

シャツワンピにグレーのリブレギンスを履いた女性
出典: ZOZOTOWN

中でもおすすめなのは、身体のラインをきれいに見せてくれるリブレギンスなど、一枚でもはけるちょっぴり肉厚のもの。スリット入りやメロウフリルといったディテールもあか抜けポイントだから要チェック!この春は、楽チンなのにおしゃれ見えが叶うレギンスにとことん頼っちゃいましょ♪

まろやかカラーがおすすめです♡

2018年春は、ベージュやエクリュ(生成り色)、アイボリーといったまろやかカラーのレギンスが大人気。春らしい明るい色合いを使ったコーデにしっくり馴染んでくれる上に、簡単にこなれ感をプラスできるからとっても重宝するんです。程よく厚みのあるタイプなら肉感を拾いすぎないから、着膨れの心配もありませんよ!

大人カジュアルにピッタリ
グレーのスウェットにライナージャケットを羽織り、ベージュのレギンスを合わせた女性


出典: WEAR

ゆるっとしたシルエットのスウェットに、ベージュのリブレギンスをプラス。インナーのロンTをスウェットの裾からチラ見せすれば、気になる腰周りもしっかりカバーできてこなれ度もUPします。スウェットのロゴと、ライナージャケットやレギンスの色がリンクさせることで、濃い色で引き締めなくてもスッキリとした印象に仕上げることができますよ♡

白のトップスにチェックのガウンを羽織り、ベージュのレギンスを合わせた女性


出典: WEAR

ベージュがかったアイボリーホワイトのレギンスに白Tを合わせた着こなしには、さらりとしたコットンのガウンなどを羽織るのもおすすめ。上下につながりが出るから白同士の組み合わせでも着痩せが叶うし、薄めのロングアウターをレイヤードすることで、逆に春らしい軽やかさをアピールできちゃうんです。 

ベージュのシャツワンピにベージュのレギンスを合わせた女性


出典: WEAR

ベージュのシャツワンピにオフホワイトのリブレギンスで、しっとりと大人っぽいワントーンコーデに。黒のショルダーバッグを少し高めに斜め掛けしたり、足首から足の甲までを見せたりすることでさりげなくスタイルUPをはかりましょう。レギンスの裾にほどこされた細かなメロウフリルが、程よいアクセントとして効いてくれますね。

ガーリーコーデにも使えます
グリーンの花柄ワンピースに白レギンスを合わせた女性


出典: WEAR

ふわりと広がるグリーンの小花柄ワンピは、一枚で着るにはちょっぴりスウィートすぎ…?そんなときは、まろやかホワイトのレギンスでカジュアルダウンしてみて。ワンピースの愛らしさをキープしつつも、糖分控えめの大人っぽくこなれた雰囲気にシフトすることができますよ。

太ボーダートップスにショートトレンチを羽織り、フロントボタンのデニムスカートに白レギンスを合わせた女性
出典: WEAR

ロングスカートの裾から、フリル加工されたリブレギンスをほんの少しのぞかせるのもキュート!太ボーダートップスにフロントボタンのデニムスカートを合わせたトレンドライクな着こなしに、大人女子ならではの遊び心をプラスすることができちゃいます。

白のスタンドカラーブラウスに黒のカーディガンを羽織って、チノタイトスカートに白レギンスを合わせた女性


出典: WEAR

ビッグポケットが特徴のミリタリースカートも、タイトなシルエットなら女っぽさが急上昇。クラシカルなスタンドカラーブラウスとコンパクトな黒のカーディガンでレディライクにまとめたら、アイボリーのレギンスで軽くハズすのがこなれ見えの秘訣ですね。

ちょっぴりクールにキメるなら、グレーをチョイス

レギンスコーデをちょっぴりクールに仕上げたいときは、ぜひグレーのレギンスを試してみて!特にライトグレーなど白を多く含んだものなら、春らしい軽やかさも演出できて◎使い勝手の良さではNo.1といっても過言ではないグレーのレギンスが、どんな着こなしもスタイリッシュにキメてくれますよ♡

グリーンのスウェットにグレーのデニムジャケットを羽織り、グレーのレギンスを合わせた女性


出典: WEAR

だぼっと羽織るビッグシルエットのデニムジャケットは、グレーをチョイスしてよりクールな雰囲気に。レギンスとハイカットのコンバースをトーンをそろえたグレーでつなげば、美脚効果もグンと高まりますね。

ボーダートップスにトレンチコートを羽織って、グレーのレギンスを合わせた女性


出典: WEAR

チュニック丈のボーダートップスにリブレギンスを合わせてさらりとトレンチコートを羽織ったら、パリジェンヌ顔負けのフレンチカジュアルコーデが完成。トレンド感のあるウエストポーチは、高めの位置で斜め掛けするのが断然イマドキです♡

白のワンピースにグレーのレギンスを合わせた女性


出典: ZOZOTOWN

落ち感のきれいなホワイトのワンピースは、レギンス合わせで肩の力を抜いたリラックスコーデにシフト。白×グレーのやわらかなモノトーンに赤いサンダルで彩りを添えれば、シンプルだけれどとびきり洗練された着こなしに仕上がります。

白の花柄ワンピースに黒のライダースを羽織り、グレーのレギンスを合わせた女性


出典: WEAR

花柄ワンピ×黒ライダースの王道甘辛MIXコーデは、グレーのリブレギンスを足して抜け感を演出。大人女子の定番スタイルだからこそ、旬のアイテムをプラスしてイマっぽくアップデートするのが大切ですね♪

やっぱり黒レギンスが使える!

何だかんだでやっぱり頼りになるのは、黒のレギンス。引き締め効果も抜群だし、大人っぽいモノトーンコーデにははずせません。さあ、クローゼットで眠っている黒レギンスにもこの春は大活躍してもらっちゃいましょう!

ハンサムに着こなして
白のトップスにグレーのスウェットを重ねて、黒のレギンスを合わせた女性


出典: WEAR

ボーイズライクなスウェット×レギンスコーデも、黒レギンスを使ったモノトーン配色なら大人っぽくシックに仕上がります。たっぷりとした無地のスウェットはときに間延びした印象に陥りがちだから、黒のウエストポーチを斜め掛けしてコーデをピリッと引き締めて!

白のロゴTシャツにデニムジャケットを羽織り、黒のレギンスを合わせた女性


出典: WEAR

ゆるっとしたサイズ感がカジュアルなロゴTは、黒レギンスでタイトにまとめるとハンサムにキマります。スニーカーや布バッグでとことんカジュアルに仕上げたり、パンプスやチェーンバッグで女っぽさを醸し出したりと合わせるアイテムでアレンジを楽しめるのもシンプルな着こなしならではですよね。 

ストライプシャツワンピにライン入りの黒レギンスを合わせた女性


出典: ZOZOTOWN2018年春のトレンドでもあるスポーティーテイスト。普段のコーデに取り入れるのはちょっぴりハードルが高そうだけれど、裾にラインが入ったレギンスならソックス感覚で使えるから挑戦しやすいかも!ストライプのシャツワンピに合わせて、さわやかに着こなすのがおすすめです♡

甘めアイテムに合わせて
白のレースキャミワンピに白のトップスをレイヤードしてステンカラーコートを羽織り、黒レギンスを合わせた女性


出典: WEAR

レーススカートをストレスフリーに楽しむのに、黒レギンスは欠かせません。透け感も気にならなくなるし、レースの繊細な模様が黒に映えるし…といいことづくめ。程よく甘さをセーブできるのも嬉しいですね!

黒のドット柄ワンピースにグレーのパーカーを羽織って、黒のレギンスを合わせた女性


出典: WEAR一枚で着るにはまだ肌寒いこともあるシフォン生地のドット柄ワンピースにも、レギンスがいい仕事をしてくれます♪足もとはヌーディ―なベージュのバレエシューズで軽さを出すと、黒レギンスを合わせても重たくなりませんよ。

春のカジュアルコーデは、レギンスがマスト!

ストライプシャツワンピにレギンスを履いた女性
出典: WEAR

春のカジュアルコーデに大活躍間違いナシのレギンス。トレンドを押さえたおしゃれな着こなしをマスターして、「ダサい」なんてもう言わせないぞ♡

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.