くらし情報『シャツのカッチリ感は苦手だけど着たい!着心地◎なシャツの選び方』

シャツのカッチリ感は苦手だけど着たい!着心地◎なシャツの選び方

2018年4月15日 16:30
 

シャツのカッチリ感が苦手ならテイスト違いを探して♪

目次

・シャツのカッチリ感が苦手ならテイスト違いを探して♪
・あのカッチリ感やハリが苦手ならシャリ感のあるシャツをチョイス
・選び方①ハリ感知らずのくたっと素材を選ぶ
・選び方②襟がカッチリしてないやつを選ぶ
・シャツの苦手意識、これでなくなりそう!
リネンシャツに白ボトムスを履いた女性
出典: ZOZOTOWN

シャツコーデで抜け感を出したいけど、シャツのハリ感やカッチリ感が苦手な人には悩みの種ですよね。シャツと一括りに言っても種類がたくさんあるのでカッチリしていないものもたくさんあるんです。くたっとしたシャツなら着心地も◎なので、試してみる価値アリですよ♪

あのカッチリ感やハリが苦手ならシャリ感のあるシャツをチョイス

カッチリ感とハリ感が苦手なら”シャリ感”のあるものを選ぶと良さそう。シャリ感のあるシャツは春夏に多く出てくるので春のシャツコーデに使えそう♪

“シャリ感”とは?
パープルのリネンシャツにデニムパンツのコーデ
出典: ZOZOTOWN

シャリ感とは、肌にくっ付かず清涼感のあるもののことで、リネンなど春夏に使われる素材は”シャリ感がある”と言われることが多いですよ。パリッとした感じではなく、どちらかというとくたっとした感じの素材感です。

選び方①ハリ感知らずのくたっと素材を選ぶ

ハリがあるとカッチリ見えしやすくてコーデのテイストに合わないという人も多いのでは?そういう時に選びたいのは”くたっとした素材”。コーデにすんなり馴染んでこなれ感も作れますよ。

リネン
ベージュのリネンシャツに雑材クラッチのコーデ
出典: ZOZOTOWN

リネンは着るほどに柔らかくなっていく素材なので、何度も着るうちに理想のくたっと感を作れるんです♪最初は少し硬く感じますが着てみるとチクチク感が少なく、素肌で着ても不快感がないので着倒したいと思うはず。どんなカラーもかすれた感じの独特な色合いなのでリピ買いする人も多いですよ。

ラベンダーのリネンシャツにネイビーパンツのコーデ


出典: ZOZOTOWN

リネンは明るいカラーもかすれたような風合いになるのでラフな印象に。そこにリラックス感のあるパンツを合わせたら涼しげな雰囲気が伝わってきますよね。リネンのシャツにはフラットサンダルやかごバッグが似合います♪大人のリゾートコーデにもリネンシャツは使えそう。

サテン
ディープグリーンのとろみシャツ
出典: ZOZOTOWN

サテンは光沢があって滑らかな風合いなので高見え効果◎肌触りもよく、スカートの裏地に使われることもあるくらい滑りがいいんです。リネンよりもさらにチクチク感が無いので肌ストレスゼロ。パステルカラーやビビッドカラーのサテンシャツは幼く見えるので深みのあるカラーがおすすめ。

赤のとろみシャツにデニムパンツのコーデ


出典: ZOZOTOWN

サテンシャツはとろみがあるので普通に着るだけで落ち感を感じられて、デニムパンツと合わせてもカジュアルだけどキレイ見えする仕上がりに。ボルドーやディープグリーンなど大人っぽいカラーを選ぶと、光沢感が高見え効果を作ります♪

楊柳(ようりゅう)
ブラウンの楊柳シャツにベージュのショーパンコーデ
出典: ZOZOTOWN

楊柳は、縦に細かい凹凸がある生地のことで、凹凸があるので肌に触れる面積が少なく、まとわりつく感じの無い素材なんです。”シボ感がある”とも言われ、春夏のシャツやワンピースによく使われていますよ。

白の楊柳ブラウスにブラウンのパンツコーデ
出典: ZOZOTOWN

楊柳シャツは少し和の雰囲気も感じられるので落ち着いたカラーのボトムスと合わせるとレトロ見え。袖にボリュームがあってもシャツにシワ感があるおかげでボリュームがおさえられますよ。プリーツスカート以外ならボトムスはなんでも合わせやすいかも♪

選び方②襟がカッチリしてないやつを選ぶ

襟があると首回りが落ち着かないという人は、襟元が開いているシャツを選ぶとGOOD。カッチリ感が減るので抜け感もあってラフなコーディネートになりますよ。

スキッパーシャツ
ストライプスキッパーシャツのコーデ


出典: ZOZOTOWN

スキッパーシャツは、ボタンの無く襟元がVの字に開いたデザインのシャツのこと。カジュアルなコーディネートに使いやすくスタイリングに抜け感を出せるのでかなり優秀なアイテムなんです!Vが深ければインナーとのコーディネートも楽しめますよ。

白のスキッパーシャツにカーキのスカートコーデ
出典: WEAR

スキッパーの白シャツは清潔感とリラックス感どちらもあって爽やかですよね。マキシ丈のスカートやゆったりしたボトムスと合わせて抜け感満載のコーデにするのもよさそう。Vが深くてもシャツなのでだらしなさゼロで大人っぽい仕上がりになるのも嬉しいポイントです。

開衿シャツ
イエローの開衿シャツにデニムパンツのコーデ
出典: ZOZOTOWN

開衿シャツは別名”オープンカラーシャツ”とも呼ばれ、襟元の開きが広いのでストレスフリー。パジャマのようにも見えるのでリラックス感も保証されてますよ♡これなら誰が見てもカッチリ感はないはず。デコルテがキレイに見えるので抜け感もバッチリ。

白の開衿シャツにクラッシュデニムパンツのコーデ
出典: WEAR

ハードなイメージのクラッシュデニムパンツはシャツだけどカッチリしていない開衿シャツとの相性バッチリです。白の開衿シャツは爽やかさ◎でラフな着こなしに。サングラスやかごバッグと合わせてとことんリラックス感もあるスタイリングがおすすめ。

シャツの苦手意識、これでなくなりそう!

ストライプ開襟シャツにベージュパンツを履いた女性
出典: ZOZOTOWN

シャツコーデが苦手だと思っていた人も、シャツの種類はたくさんあるので似合う形があるはず♪着れる服のカテゴリーがひとつでも増えるとスタイリングの幅がグッと広がるので、新しいコーディネートを見つけてくださいね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.